最近の記事

2005年08月03日

これもヴィンテージの有る生活?。。かな

散々リアルなアメカジを真似してはいけませんなんて言っといて、オイラ ヒョウ柄ショーツにTシャツ、ナイキAJ1で登場していますあせあせ(飛び散る汗)(絶対あかんゆうてた格好やん?もう最悪やん。。)
ちなみに僕の買い付けスタイルです!

暑かったですよ。。全く。。でもこれリアルなアメカジです(主に白人)
朝だけXX履いてたけど、暑さに負けました(ヘタレ

画像の車、ストリートロッドって言うんです。
ホットロッドとはまた違うジャンルですので、興味の有る人は詳しく書かれている方が大勢居られますので、色々くぐってみて下さい。

ベースになっている車は1932年 フォードB型 通称デュース。
クープタイプがデュースクープっていいます。
デュースクーペでも良いのですが、デュースクープと言わなければアメリカ人には通じませんよ。
ナイトロがニトロと言われていたり、カ〜ブレイラ〜がキャブレターのようなものです。(〜はR 舌を巻いて下さい)

そんな事いう僕、英語ほんとにダメで、田舎のマクドではバニラが聞き取ってもらえず、バナナ?なんておちょくられました。

その時は『バナナなんか無いやろがい?!オオ〜〜っ!』と叫んでやりましたが。。笑 (これ多分通じた)

っで、気をなだめて正確に教えて!ってたのんだら、下唇を噛んで、ヴ〜ワニウ〜ラと教えてくれました。。ほんまか〜い? こんなん言えるかいな。。

この田舎ってのも意味深なのです。判るでしょ?旅した事有る方なら。。結構田舎って差別する人多いです。日本もか。。
そんな陰の部分にも一度Blogでもふれてみたいと思います。
F&Eやライトニングでは一生書かないでしょうから。。笑

そんなん書いても売れへんもんね?

もといっ!!車の話でしたね?

何れもカスタムしてあって、原型が判らないかもしれませんが、ストリートロッドの究極ともいわれていますので、ご参考までに。
ここでは、ヴィンテージクロージングがお好きな方の方が、多い事だと思いますので軽〜くお話しておきます。
何故デュースかと言いますと、エスパニョールの2を英語読みしているだけです。
deuce(ドス)をデュースと。
主にフォードの32年をさしますが、42年もデュースです。何故フォードだけなのかは知りません。。
そして、これはロッダー用語ですので一般の車好きさんには通じなかったです。

画像の黒いデュースは、完全に50'S使用です。
50'S好きなら絶対、車に興味が無くてもハートに来るものあるでしょ?
XX履いて、BucoやBeckのヴィンテージライダース着て乗ればはまりますよネ?!!

Buco着て、電車乗っていても誰もかっこいいとは思いません(笑)

古着好きの方も、ロッダーさんももっとこだわって行きましょう!!

短パンになった僕に言う資格は有りませんが。。あせあせ(飛び散る汗)

そして僕のデュースは60'S風のカスタムが施されています。
全然ノリが違うでしょ? これはアメリカングラフィティーという映画に出て来た、デュースそっくりに作って有ります。 実際の60'sにはこんなカスタム有ったのかな?とも思うのですが、ジョージルーカスさんのイメージだったのかも知れません。。60'sクウォリティーって言えば間違いないと思います。この話をもっとディープに聞きたい方は、リンクに有るアメグラサイトで質問攻めして下さいませ。。笑

そうそう。。
この間のイベントで感じた事は、アメリカンフェスティバルってだけあってアメリカンなノリがビンビン感じられる空気が漂っていました。

ヴィンテージもそんなイベントとコラボっても、絶対楽しいと思うんだけどな〜。。
コレクションしてるだけでは楽しくないでしょ?


いっちゃてる者同士、きっと楽しめるはずです。
何時か実現したいと思います!!!


posted by Hayabusa at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック