最近の記事

2018年07月30日

元気です

皆さんこんにちは!

今日も取材を受けておりました。 最近、毎日何か用事があってあってなかなか落ち着いてweb storeやBlogをアップ出来ずスミマセン...m(_ _)m

ローカルな話ですが、今日の取材は北日本新聞の"まんまる"というフリーマガジンに掲載される事になります。  

又、掲載されたらBlogでも紹介してみたいと思います。 

広告の類でなく、新聞社から取材の申し込みをされておりますので、一体どんな記事になるのか?さっぱり分かりません。

取材内容は、スカジャンや物作りについて語らせて頂いております。

取り急ぎ、今日は元気な様子だけお知らせしておきます。 

こんなルーズなスタイルでお仕事してるので、毎日ストレスフリーでございます。
Hayabusa.jpg
先週末にエアコン入れ替えて頂いたし、自宅で使っていたジョージ ネルソンのオフィスデスクもショールーム奥のオフィスに持ってきたので、仕事は捗る筈なんだけどね...汗

明日こそwebの方頑張るぞっと!

各種お問い合わせは下の画像をクリック
BST.jpg
e-mail info@sukajan.jp
Tel 076-407-1234 平日のみ 10:00〜17:00 
日祝日、時間外の電話はお控えください。
Hayabusa Kat Klother 出村 淳也

posted by Hayabusa at 17:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

Rat Fink

皆さんこんにちは!

今日はアメリカからRAT FINKのポスターが入荷しましたので、そちらを先にweb storeへ掲載しておきました。

Edition & サイン入りは大変貴重なコレクターズアイテムとなって来ております!

興味をお持ちの方たちは、お早めにお求め頂くのが良いかと思います。

*画像クリック
blog RF.jpg

明日は午後からアポイントが入っておりますので、Blog & web storeのアップデートする時間が取れないかもしれませんが、これからは積極的に更新して参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

新商品の掲載が纏まってきましたら、メルマガにてお知らせ致しますので、メルマガのご登録が未だの方はこちらよりお願い致します。

心配なされなくても、Hayabusaのメルマガは滅多に送って来ない超レア物ですので、ご迷惑にならないと思います...😃

各種お問い合わせは下の画像をクリック
BST.jpg
e-mail info@sukajan.jp
Tel 076-407-1234 平日のみ 10:00〜17:00 
日祝日、時間外の電話はお控えください。
Hayabusa Kat Klother 出村 淳也
posted by Hayabusa at 16:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

Rabart Sweat Shirts

皆さんこんにちは!

今日は久しぶりに、web storeへヴィンテージアイテムを3点掲載しておきました。

Hayabusaのスウェットコレクションでもトップレベルのお品でございます!

それぞれ掲載しておりますが、纏めてご購入のコレクター様の為に、セットプライスもアレンジしております。

どうぞご覧下さいませ!

*画像クリックでジャンプ
ラバート4.jpg

ラバートスウェットは変形両Vとも呼ばれており、普通のツートーン両Vより遥かに珍しいディティールです。

縦に縮む事を避けるために、生地の取り回しをネック〜ショルダー〜カフスにかけて横に生地を用いており、フロント&バックのネックでVに割っています。 

大変面白い作りなんですよ!

とにかくレアです!

30年代のコットン製である事、ツートーンである事、内2枚にはタグが付いている事、着用可能なサイズである事、ラバートを3色纏めてコレクションする最初で最後のチャンスです!

30年以上も古着屋や海外ディーラー、コレクターの所蔵品を見て参りましたが、この3点セット以外にラバートのツートーンが纏まってコレクションされているのを見た事がありません。

もちろん、3点も纏まって売りに出た事も初めての事です。 又、今回ご紹介しましたラバート3点は状態も最高です。

ツートーンのラバートが3枚も揃って売りに出る事は、この先一生お待ちになっても無いでしょう。

高額ですが、きっとご満足頂けますよ! お金出しでも買えませんから...。

チョコチョコと雑魚を何枚も集めて散財するより、ハイエンドを購入して10年 20年と所有し続ける事の方が満足度は価格を上回る高いものですし、コレクターとして価値ある立ち振る舞いだと私は思います。

余談になりますが、ヴィンテージやアートなどの本当の価値はセカンダリーで決定します。

セカンダリーマーケットとは主にアートの世界で用いられる言葉ですが、一旦売られた物が再び市場に出回る事を意味します。

アートは必ず値段が上がり続けます。

ですから、投資家や資産として所有したいという資本がマーケットに入ってくるのです。

そうする事により、資産的価値が担保されますので、さらに価値が増す訳です。

ヴィンテージクロージングも、そういうマーケットに成熟して欲しいと願うばかりです。

これだけ集まると、投げ売って暴落させる事なんて簡単に出来てしまいます😃

でもHayabusaの目が黒い内は相場を高い位置で担保させて頂くつもりです。

相場=コレクションの資産価値なのです。

Hayabusaのスウェットコレクションは、収まるべき所へ収めるのに労力と時間は惜しみません。

誠心誠意お客様には対応させて頂きます。

どうぞ宜しくお願い致します。


各種お問い合わせは下の画像をクリック
BST.jpg
e-mail info@sukajan.jp
Tel 076-407-1234 平日のみ 10:00〜17:00 
日祝日、時間外の電話はお控えください。
Hayabusa Kat Klother 出村 淳也






posted by Hayabusa at 15:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

Stanley Mouse

皆さんこんにちは!

今日もweb storeにMouseのポスターを掲載しておきました。

まだ日本では注目されていないジャンルですが、アートはヴィンテージやジャンクより、ワンランクもツーランクも上のコレクターズアイテムです。

ジャンクやヴィンテージはせいぜい数百万円でTop取れますが、アートはLowbrowだけに絞っても、Topだと今日の相場ではミリオンダラー超えると思われます😃

例えば、ロバート ウィリアムズさんの大作になりますと、約十年前のプライマリー(マーケット)プライスで3000万円を超えております!!

最低限、今お話ししました事を予備知識として頂いたのち、商品の方ご覧下さいませ。

本日掲載しましたのは、このジャンルでも入門編のアートポスターでございます。

かなりお薦めできる優品となっております。 こんな値段でサイン入りの本物は滅多に買えないんですよ!

*画像クリックでジャンプ
WILDCHILD.jpg  
WiLD CHILD signed S.MOUSE


EXCUSEMYDUST.jpeg
EXCUSE MY DUST! Signed S.MOUSE

Hayabusaのショールム−ムへお越しになった事のあるコレクター様ならご存知かと思いますが、上限2000万円クラスまでの商品をお取り揃えしており、ショールームでは実際に作品を目の前でご覧頂く事が出来ます。 

Lowbrow系のアートワークなら、国内随一だと自負致しております!!

各種お問い合わせは下の画像をクリック
BST.jpg
e-mail info@sukajan.jp
Tel 076-407-1234 平日のみ 10:00〜17:00 
日祝日、時間外の電話はお控えください。
Hayabusa Kat Klother 出村 淳也
posted by Hayabusa at 16:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

アートポスターのご紹介

皆さんこんにちは!

今日も暑いですね💦

富山の様な雪国に住まいしておりますと、こんなに暑くても有難く感じて過ごす事が出来ます。

朝は比較的涼しいので、ウォーキングしていても気持ち良かったです😃

早起きは三文の徳でございます。 早起きして歩くととても気分の良い一日を過ごせる確率が高くなります。 皆様もどうぞお試しあれ!
IMG_2155.jpg
こんな所を一人で3km〜5km歩いてます。


しばらくご無沙汰しておりましたのは、弊社6月が決算でございまして、今季は早めに利益確定した為、売上を来季にスライドさせる意味も兼ねて沈黙期間としておりました。

おかげさまで、弊社も12期目の決算を迎え、13期目をロケットスタートを切る事が出来ました!

皆様、改めまして有難うございます。

この気持ちを語り出しますと、また商品を掲載するタイミングを逃してしまいそうですので、早速ではございますが、今日は久しぶりに商品をご紹介させて頂きます!

画像クリックでweb storeへジャンプします=3
KK.jpg

1993年 ラグーナミュージアムにて開催された伝説のアートショー、Kustom Kultureの当時物のフライヤーです。

フレームサイズ W55cm x H73cm 

コンディション 未使用 経年相応の日焼けあり

フレーム (サイド)ステンレスヘアライン (見附)ステンレスポリッシュ ブラックのスウェードマット仕上げ 高級仕様でございます!

価格 89000円(外税)

ヴォンダッチ エド ロス ロバート ウィリアムス 

これがカスタムカルチャーの語源となった伝説です!

後年、カスタムカルチャー御三家と呼ばれる三人ですが、このイベントがきっかけであった事は言うまでもございません!

そして、25年も前のフライヤーなんて残っていないのでございます。


mouse.jpg
1979 Mouse / Kelly 

MORE AMERICAN GRAFITTY 

フレームサイズ 75.5cm x 75.5cm 

価格 129000円(外税) 

Signed S.Mouse マウスの直筆サイン入り

コンディション 少しシワ有り プリントにクラック有り 

サントラ盤のジャケットデザインのポスターです。 マウスの作品が発揮された名作です!

有名なデザインなのに、マウスのサインが入った物は滅多に見つからないのも自慢して頂けるポイントかと。

マウスファン、HOT RODファン、映画ファン、音楽ファン、サイケデリックな雰囲気のお好きな皆様にオススメです!

各種お問い合わせは画像をクリック
BST.jpg
e-mail info@sukajan.jp
Tel 076-407-1234 平日のみ 10:00〜17:00 
日祝日、時間外の電話はお控えください。
Hayabusa Kat Klother 出村 淳也
posted by Hayabusa at 12:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

夏休み

皆さんこんばんは!

三連休、いかがお過ごしでしたか?

私の休日の初日は、小田原で開催されたKUSTOM KULTURE CITY 10へ弾丸ツアーへ行ってきました。

土曜日の夜に出発し、深夜に会場近くの健康ランドのリラックスルームで仮眠をとって朝から会場入りしました!

カスタムカルチャーと言えばNashさん! 親しくさせて頂いております。
IMG_2059.JPG

ゲストのキャバレロさんと久しぶりにお会いしてきました。 それにしても、キャバレロさんをゲストで呼ぶって凄いなぁ!
IMG_2052.JPG

会場を一周して友人 知人に挨拶して、せっかくなので小田原城の前で記念撮影
IMG_2057.JPG

小田原城本丸のお茶屋さんで今年初のかき氷 何年振りに食べたっけ? 満足度120%でした!
IMG_2058.JPG

夕方18:00過ぎには富山へ帰宅。 昨日はこんな一日でした。

そして今日。
IMG_2096.JPG

息子が北陸貨物運輸のトラックが見たいと、自分でネットで営業所を調べて僕に連れて行けと言うので、今日は営業所までトラックを見に行ってきました! 憧れのトラックがズラリ!
IMG_2112.JPG

すると、所長さんが運転席に乗せてあげるとドアの鍵を開けてくれました。
IMG_2105.JPG


IMG_2105.JPG

心から望むと神様は望みを叶えてくれるんだね! 上からの景色を楽しんでおりました。
IMG_2106.JPG

今日はあまりにも暑いので、夕方のジョギングをお休みして家族でお散歩。 これが幸せってヤツなんですよねぇ。 
何でもないような事が♫(虎舞竜で)
IMG_2147.JPG

綺麗な夕焼け。 三日月を添えて
IMG_2153.jpg


お風呂上がり、冷やしたスイカを食べて休日を〆ました。

明日からお仕事頑張るぞっと!

でわでわ





posted by Hayabusa at 20:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

ブート品

皆さんお久しぶりです!

出村、元気にしております!

朝 夕のウォーキング&ジョギングも続いており、体調も気分も絶好調でございます。

この所、ローカル紙の取材を受けたり、アポイントも連日頂戴していたりして、忙しくさせて頂いております。

だからweb storeのアップがなかなか出来なくてスミマセン...m(_ _)m

えーと、この前は6月のアメリカ出張の前にアップしたきりでしたね...汗

ジョギングするぞ!と、ドンファンのニュース?でしたっけ 笑 

あの事件は思ったより複雑みたいですね。 

全員悪者にしか見えないんですけど...😃まぁいっか。

ここ最近ワイドショーを騒がせたと言えば、ブート品で逮捕者が出たって事で驚きました。

誰か何か書いてるのかと思って調べてみたけど、見識のある方の意見が全くなかったので今日は僕が書く事にしました。

え? もしかして、これタブーなん?😃

まぁ、そんな事は気にしないで書き進めて行く事にします。 

このブログでもブートやフェイクについての考えを書いた事がありますが、今回、グッチやシャネルのブート品を販売目的所持で逮捕されたとの事ですが、話をする前にブート品の定義を説明しておく必要があります。

ストレートな表現をしてしまうと、ブート品とは著作権を無視している物です。

逆に言うと、著作権を尊重してしまうとブート品として成り立たせる事は出来ません!

断言出来ますが、世の中のブート品と扱われている物は100%著作権を侵害している物です。

著作権を守っていたら、そもそもブート品とは呼べませんからね!

例えるなら、法律を厳守するギャングやヤクザの様なものです。 

彼らは法律よりも独自の世界のルールと美学で生きているのだと思います。

ブートはブランドだったらこんなデザイン絶対にしないだろ?とか、こんな素材で絶対やらないよな?ってのが前提で、そこに秀逸なセンスやトンチが効いてたりするのが面白さだったりします。

ただコピーした偽物とは違った認識でしたが、最近、著作権は非親告罪になったので、商標が無断使用されていたら、ブランドから訴えられなくても、警察 検察 税務職員が独自に動ける様になり、一般からの通報によっても逮捕されてしまう可能性が高くなります。

というか、販売目的であった場合は100パーセント逮捕される決まりに変わったと考えて良いかと。

非親告罪でなくなった以上、ブートの定義もクソもないって事です。

アカンもんはアカン! それだけです。

アートの世界では作品を通して著作権を風刺したりするケースもあるので、ギリギリの物はまだ世の中に沢山あります。

例えばシャネルの香水の瓶を撮影した写真を加工してポスターにするとか。

この手法ならグッチでもヴィトンでもなんでも出来ますよね。

僕はこの手のポスターをアートだとは思っていません。

アートに見せかけた偽物だと思っています。

これがまかり通るならね、逆にポスタープリントした洋服なんて風にすれば無限に作れる訳ですよ。

かなり雑ですが、例えばこんなのとかね。 
例えばの話.jpg
ロバートウィリアムスさんの額装されたポスターを撮影した物をプリントしただけです。
こんなのは絶対にアウトだと思います。 手法として、こんな物は沢山あると言いたいのです。

話は少し違いますが、正倉院展のポスターにはヴィトンそっくりの琵琶が...
これ、絶対ヴィトンに対してのカウンターでしょ?笑
限りなくパチモン.jpg
この画像は私が作ったんだけど、右下1/4をヴィトンのモノグラムに差し替えました
見比べて見て判ったのは、本物はやっぱり凄いって事。

くれぐれもお間違いの無い様に申しておきますが、私は正倉院の御物の琵琶を本物だと申しております。

話をまとめて行きます。

大量にストックされていたグッチのスウェットを今ブート品と呼ぶには少し無理があると思います。

正確には90年代のブートには人気がありますので、そのブームに乗じてコピーしたブートの偽物が大量に持ち込まれて販売された。

こう考えるのが正しいのではないかと思います。

少々複雑ですが、ブートのコピー商品でないとあれだけ数は集まりませんし、法律的にも倫理的にもアウトな物だと思います。

何が言いたいかって、売れるからって取り扱ってはいけない物なんですよ。

こんな私も人の事を偉そうに言えない事は今までしてしまった事がありますので、偉そうに書いてしまったお詫びの意味も込めまして、

次回のBlogで私の失敗談をお話しさせて頂こうと思います?

私の場合、大事になってはいないものの、相手は日本を代表する国民的大企業!

その著作権担当の国際弁護士から直接電話で忠告されましたから...😃

最後になってしまいましたが、明日2018.7.15 日曜日 小田原城二の丸広場で開催される10th Anniversary KUSTOM KULTURE CITYってイベントに顔出します!

滞在時間は午前中の早い時間帯に1時間程度お邪魔する程度ですが、私を見かけたらお気軽にお声がけ下さいませ。

新商品のアップは来週になっちゃいますが、少しずつ進めて行きます。

でわでわ=3
sns97p83t838983c8384815b83x83n83v838781i82a882e082c481j.png

posted by Hayabusa at 12:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする