最近の記事

2017年05月18日

タイから帰国しました!

皆さんこんにちは!

一昨日、無事タイ王国から帰国しました。

タイ王国ですよ! 王国!

以前から、Hayabusaが行ってみたい国TOP3に入っておりましたので、忙しい最中ではございましたが行ってまいりました=3

羽田から行きは7時間位だったでしょうか? バンコク国際空港に到着しますと、カスタムカルチャーでお馴染みのNASHさん御一行と空港出口でバッタリ!

不安だった初のタイ王国だった事もあり、空港でいきなり日本人の知り合いに会うなんて思いもよらなかったので、思わず

『えぇ〜!? なんでこんな所にいるんですか!?』と尋ねてしまいました😃 

多分、それはNASHさんの方がより思っていたと思いますが😃

開口一言『MOONのイベントでしょ?』とNASHさん

『何ですかそれは?』と僕

『バンコクのHOT ROD SHOWだよ』『え?知らなかったの?』『じゃぁ何しに?』NASHさん

『お仕事です』キリッと僕 続けて『イベントはいつですか?』

『明日と明後日』NASHさん

急遽予定変更!『必ず行きます!』と言って別れました。

3分ほど立ち話をして待たせてしまったのですが、今回の旅をお手伝いして下さるガリブルの岡崎さん登場!

何年もお会いして居なかったので、久しぶりなのと初めてのタイ王国での再会で、早くもテンション上がりましたよ!!

これまで写真無し...えらいスンマセン!

しかし蒸し暑い...汗

車でホテルまで送って頂きました。

でもって、岡崎さんがその夜は僕の部屋に泊まる事に...😖💦

東南アジアの旅って、若い綺麗なおねぇちゃんと一晩一緒に過ごすってのがスタンダードなんちゃうんですか?😃

まぁ、そんな下心など微塵も持たずに来たので泊まって頂く事にしました(お願いだから今日と明日の二日だけにしてと言いましたけど...笑)

っで、その夜 バンコクのチャイナタウンに連れて行って頂きました。
IMG_5257.jpg

とにかく僕はワガママなので、(元 大阪のビンテージショップガリブルの)岡崎さんには食事で大変気を使わせてしまいました...😃

お金は僕出すから安全な物食べさせて下さい...m(_ _)mと僕はタイへ行く前から懇願しておりました。
例えばこんな屋台。
IMG_5313.jpg

すごく興味はありますが、僕にはリスク高すぎて絶対無理っす!😖


東南アジアへ男だけの慰安旅行なんてのは、きっとこんなお店に行ったりするんだろうなぁ?
興味はあるけど... 
可愛い息子の為にも、シャレでもこんな所行くパパになんてなりたくないっ!😃わざわざ言い訳っぽくて余計に怪しい?
IMG_5320.jpg



僕、マジでで東南アジア旅行では、安全に神経を使う様にしています。
これ見て下さい。
IMG_5322.jpg

ミネラルウォーターで歯磨きしてましたからね!
岡崎さんには、お前頭大丈夫か?くらい思われてたかも知れませんが...😃

その夜は早めにホテルに帰って、長い間おしゃべりして寝ました。

夜中に目が覚めふと思いましたよ。 

ここはタイやん? 笑顔の国タイ王国やん? 五つ星ホテルのスイートルームやん?

オネーチャンいっぱいコップンクラップのタイランド違うん?

何で横でおっさんが寝てるんやろ?って😃

まぁ、ええわ...きっと夢や😃

っで、翌朝...

五つ星ホテル32階からの景色を眺めながらの朝食、なんで向かいに座ってるのはおっさんなんやろ?😃

男ばかりの慰安旅行だったら、向かいの席には綺麗なオネーチャンがコップンカ〜やったんちゃうんかな?

画像無しです はい...m(_ _)mソイヤセン

のんびりと支度し、噂のHOT ROD CUSTOM SHOW BANGKOKヘ行ったろやないか〜い!
AW_Bangkok-HotRod-2017_poster-A3-cre-Final_update-03-ENG.jpg

入場料300バーツ 結構高く感じてしまうのはなぜ?
IMG_5278.jpg

既にタイの物価に慣れた僕にとって300バーツが高く感じました😃1100円くらいなモンやけどね
円に換算した途端 安っ!


会場ではほとんど写真撮ってません... 
カーショーには10年連続で本場アメリカのショーに行きまくってますから、何見てもフツーに見えてしまうんです。
そんな中で僕的に良かったのがタイの雰囲気がするMODEL T 
車よりバックボードの色彩がタイっぽくて素敵!
IMG_5287.jpg



特に何を撮影するわけでもなく... JAFでドレスアップするのかな? 
日本がアメリカに憧れる様に、アジアは日本に憧れているんですね。
いつも思うんですけどね、相手に憧れを持ってしまうと片思いになるよね?
まだ日本にはアメリカかぶれが多いけど、そんなのイケてないね!...このJAFみたいに😃
IMG_5293.jpg



日本のナンバープレート売ってる 向こうじゃイケてる感じ? 知らんけど
IMG_5301.jpg



モンゴルズやん! 
IMG_5317.jpg


バンコクにはモンゴルズのブラザーが沢山居てるみたいやけど、めっちゃええ人でビビったわ😃

ええ人過ぎてビビったで!しかし(横山やすしで)

何で日本にモンゴルズないんやろね? のうてもええけどやな しかし!(もう一回 やっさんで)


インスタより クリックでジャンプします
タイでカローラ30ハードトップを見つけました😊<br />マジで買おうかと1時間くらい悩みました。来年のバンコクホットロッドカスタムショーにカローラ30でエントリーしようかな?😏#カローラ30






















東南アジアに行っても、ネーチャンなんて金出して買わないで、車買う男の方が断然イケてるんちゃうん?

そやけど僕ぅ...年内に家建てなあかんし、今回は車を断念しました...orz

けど、このカローラええ感じやったなぁ... まだ買うか悩んでるんやけどね😃

アジアで日本人が日本の旧車カスタムしてMOONのHOT ROD SHOW BANGKOK エントリーって素敵やん?

今日もEd Roth買取強化してま〜す!! 

お譲り頂いた方、コップンクラッ〜プ -人- 合唱

豆知識 
コップンカ⤵ ありがとう 女性言葉
コップンクラ⤵ップ ありがとう 男性言葉




WANTED!!

60年代のEd Roth、Stanley Mouse 買い取り強化中!!

お手放しになる際はお声がけ下さります様、何卒宜しくお願い致します...m(_ _)m
どこかに売ってるよ!なんて情報だけでも結構でございます。
もし、頂いた情報で買い付ける事が出来た日にはお礼をさせて頂きます。
 blog showroom.JPG

ヴィンテージスカジャンのレアパターンも高価買取致します!
何でもご相談下さい。

*画像クリックでお問い合わせフォームにジャンプ

BST.jpg
TEL 076-407-1234 平日A.M.10:00-P.M.17:00まで 

e-mail info@sukajan.jp

Hayabusa Kat Klother 出村 淳也

posted by Hayabusa at 17:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

価値のお話第4話(最終回)

価値のお話第4話(最終回)


これまで、ある程度の基礎知識を読んで頂きましたから、何がどのタイミングで評価されるか?が見えて来たかと思います。


ヴィンテージクロージングの世界だと、WW2 40年代のA-2にバックペイントした当時はグラフィティーだった物は80年代後半から評価が上がり、90年代中期で一度目のピークを迎えています。


逆に言うと、これらは工芸品に近い装飾が施されていたからですね!


スターオブハリウッドシリーズは、今ではアートだと言っても認める人が多くなったと思いますが、MF5に掲載された事で有名になり、そのタイミングで評価が一気に上がりました。

スターオブハリウッドは50年代のシャツですから、MF5の発売が2006-7年でしたので、50年の法則と合致していますね!

そもそも、何故評価されているかを考えると、売れる為に作っていない事が良くわかるからです。


Hayabusa特性スカジャンは、アートに近い工芸品であると思いますので、20年以上〜50年未満の間で価値は増して来ると思います!


バンコクに出張したら、偶然にもHOT ROD CUSTOM SHOW Bangkok 2ndが開催されていたので行ってきました。
We are in Bangkok. <br />タイでShige菅沼さんとお会いしました😊ビックリです‼️<br />MQQNEYES Hot Rod Custom show Bangkok 2nd #mooneyes #moonyeys_bkk



posted by Hayabusa at 11:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

価値のお話し第3話

皆さんおはようございます😃


タイからアップデートでございます。

暑いです。はい


今日はマスプロダクト、工芸品、アートが、二次的マーケットでどれくらいの期間で価値が熟成して行くか?をお話しします。


二次的なマーケットとは、一度売れた物がもう一度売りに出される物を指す市場の事で、カジュアルなのだとヤフオク、ハイエンドだとサザビーズオークションなどの事です。


結論から申しますと、売る為に作られなかった純粋アートは、20年経過したあたりから評価され始めます。


売られた当時からそこそこ有名だったアーティストの作品だったりすると、爆発力を伴った瞬発力で評価されます!


例えば、ウォーホル ロイ リキテンスタイン キースヘリング バスキア


リトグラフでも高いものは数千万円、原画だと億超え当たり前の世界です。


今では凄く高く評価されているアート作品の中には、20年〜30年前には、こんな物アートですらないと言われた物も含まれています。


次に工芸品の価値が評価され始めるのが50年と言われています。


解りやすく言うと、ある作者が最終的に人間国宝になって、若い頃の作品の値段まで上がり始めるまでに必要な時間が約半世紀という事になります。


Ed Rothなんかも、カスタムカルチャーの国宝級アーティストですから、1962-65年ごろの絶頂期から数えて50年以上経過した今、高く評価されているのは当然の事だと言えますね!


Ed RothとVon Dutch(フランコと違いますよ!)を比べると、Von Dutchの方が圧倒的に高く評価されています。


それは何故か? ずっと説明している通り、Von Dutchは売る為に作っている物の方が少ないからです。



Ed Rothは、生前からある程度のマスに向けたビジネスでも成功しているので、評価されるのに時間が掛かったのだと思います。


逆に、今Von Dutchのロゴだけが一人歩きして、ブリトニー スピアーズやら、浜崎あゆみやらが誰かが仕掛ける為に着させられていた物には、将来アートとして何のプレミアがつく可能性は無いでしょうね!


続く…。


バンコクの中華街にて

タイに到着しました🇹🇭<br />ドリアンの屋台なう#ドリアン#タイ#durian #匂いは生ゴミ
posted by Hayabusa at 10:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

価値のお話第2話

皆さん、おはようございます😃


価値のお話第2話

前回、フランコと宮大工が同じ精神性を持っているとお話ししましたが、アーティストと言え、お仕事として成り立たせなければいけませんから、宮大工も文化財の修繕以外にも工賃を意識した仕事はしますし、フランコもクライアントからの依頼も受ける事があります。


ただし、その動機はお金になるが一番大切な事ではなく、良い仕事をさせてくれるかどうか?なのです。


一般的に多くの人は、沢山売れて儲かるが良いと考えていると思います。

沢山お金を稼ごうと思ったら、ここに関連した仕事に就いた方が身のためです..笑


アーティストは、まず作りたい!から始まり、持ちうる技術とセンスで最高の物を作る事が良いと考えます。

逆にこの世界に身を置くと、真面目にやれば飯は食べていける様になるとは思いますが、なんの保証もありません! 自己満とも捉えられかねない世界ですから..笑


さて、ここからが価値の話の本質です。


生み出す人たちの考えの違いによって、売れ線の商品(マスプロダクト)、工芸品、芸術品の三つに分けて考えて来ましたが、この価値が主に二次的なマーケットで、どの様に移り変わって行くか?を、長年ヴィンテージディーラーをしていた僕の観点でご説明します。


売れ線の最前線は何だろう?と考えますと、僕は真っ先にモードファッションを思い浮かべます。


最先端のファッションの事ですが、これが一番劣化スピードが早いです。


あ、ここでデザイナーって人が登場しますが、それを説明し出すと、なかなか話が進みませんので、とりあえず置いときましょう..笑


今が一番最先端で、一番かっこいい! だから劣化スピードが早いとも言えます。


さらに言うと、今一番高い! 来年着てたらダサい!

シーズンオフした瞬間叩き売られておしまいという儚い宿命を背負っています。


続く…。


バンコク行きの飛行機を待つ羽田空港にて


WANTED!!


60年代のEd Roth、Stanley Mouse 買い取り強化中!!

お手放しになる際はお声がけ下さります様、何卒宜しくお願い致します...m(_ _)m
どこかに売ってるよ!なんて情報だけでも結構でございます。
もし、頂いた情報で買い付ける事が出来た日にはお礼をさせて頂きます。
 blog showroom.JPG

ヴィンテージスカジャンのレアパターンも高価買取致します!
何でもご相談下さい。

*画像クリックでお問い合わせフォームにジャンプ

BST.jpg
TEL 076-407-1234 平日A.M.10:00-P.M.17:00まで 

e-mail info@sukajan.jp

Hayabusa Kat Klother 出村 淳也

posted by Hayabusa at 10:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

価値のお話し 第1話

皆さんこんにちは!

昨日でHayabusa特製スカジャンが売り切れましたが、その記事をアップした直後、綿無し大サイズを予約していた方からキャンセルが出ました。

*web storeで再び売りに出す事はございませんので、ご希望の方は私に直接メールでお申し付け下さい。

直ぐに納品出来ます! 

画像をクリックして頂きますと、お問い合わせフォームへジャンプ致します
TOP400.jpg


引き続きまして、お知らせでございますが、明日5月12日(金)〜16日(火)まで、タイへ出張しますので、その間 web storeおよび電話でのお問い合わせ、ご注文の対応が出来ません事、何卒ご了承下さい。

出張期間中、メールはチェック出来る環境にいると思いますので、ご質問などございましたらメールでお願い致します。

お知らせは以上となります。

さて、今日のタイトル『価値のお話し』を始めたいと思います。

バックヤードを読んで下さっている方の多くは、僕のうんちく話が聞きたくて覗いて下さっていると思いますので、今日はそんなご期待に応えるつもりでお話し致します。

アンティークには定義があるんだと何年も前にお話ししたかと思いますが、アートにも定義があります。

純粋アートとは? ファインアートとも言いますが、これらは最初から売る為に作っていません!

売る為に作られていないという事は、商品として生み出されていないという事であり、それは作者が作品で表現したい物だという事です。

アートも売買さてていますが、あくまで二次的なマーケットでの話で、最初は作者の作りたい物を作った結果、それが売れる事もある物です。 

こういう言い方をするのは、最初から売る為に作っていないからです。

以前、Von Francoさんが僕にこんな事を言ったとblogでも書いた事があります。
『Junya、俺のアートは、俺の手を離れた時が一番安い』 最後にIt's True.と。

それは真実である。

フランコは本物のアーティスト、彼の生み出す作品は芸術作品と言えます。

広い意味では物だけではないのですが、ここでは分かりやすく物で捉えておいて下さい。

僕はフランコの作品を買い続けていますが、基本的には彼のやりたいようにするサポートをする結果、作品がついてくると行った方が正しいんです。

そんな僕はパトロンです。 パトロンについては今日は割愛しますが、日本でよく使う意味のパトロンとは違いますので、誤解なされません様に!

次に、アートに極めて近いのが工芸品(craft)です。

wikiによりますと、工芸品とは、実用品に芸術的な意匠を施し、機能性と美術的な美しさを融合させた手工業品である。
あくまでも実用性を重視しており、鑑賞目的の芸術作品とは異なる。ただし、両者の境界は曖昧であり、人によっても解釈は異なる。

この話も以前した事がありますが、明治維新の日本に来た外国人が、『日本の職人は極めてアーティストに近い人たちである』と日記に書き記していたそうです。

私は宮大工を長年やっておりました事は皆さんご存知かと思いますが、日本の伝統技術に携わる職人は技術だけでなく、精神性がアーティストそのものでございました。

徒弟制度で親から子へ、兄から弟へ技術と精神性が受け継げれて行くのは、Ed RothがVon Francoへ伝えた事と全く同じものを感じます。

続く...。

このお話し、結構面白いと思いますので、続きはお楽しみに!

続きの記事は今も書き続けていますので、タイでアップできたらアップしますね!

ではでは!

WANTED!!

60年代のEd Roth、Stanley Mouse 買い取り強化中!!

お手放しになる際はお声がけ下さります様、何卒宜しくお願い致します...m(_ _)m
どこかに売ってるよ!なんて情報だけでも結構でございます。
もし、頂いた情報で買い付ける事が出来た日にはお礼をさせて頂きます。
 blog showroom.JPG

ヴィンテージスカジャンのレアパターンも高価買取致します!
何でもご相談下さい。

*画像クリックでお問い合わせフォームにジャンプ

BST.jpg
TEL 076-407-1234 平日A.M.10:00-P.M.17:00まで 

e-mail info@sukajan.jp

Hayabusa Kat Klother 出村 淳也
posted by Hayabusa at 11:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

It is sold out due to high popularity

皆さんこんにちは!

Hayabusa SPECIALLY MADE SUKAJANの方、発売間もなく完売いたしました!!
It is sold out due to high popularity. Thank you very much.
top画像.jpg


GWも明け、月曜日から徐々に社会復帰しているHayabusaでございます。

今年はアポイントを沢山頂きまして、皆さん有難うございました。

子供の日だけは、私のわがままでお休みさせて頂きましたが、GWは臨時出勤する程忙しかったです...😃

Hayabusa特製スカジャンの方、おかげさまで完売となりました。

改めまして、お買い求め頂きましたお客様、誠に有難うございます。

海外からの引き合いもあり、GW後半はその対応でBlogをアップする事が出来ませんでした。

凄いとこから話来たわ...ホンマびっくりポンやで!

Hayabusaのスカジャンが世界へ羽ばたく日も近いかも知れません?😃

その時は、日の丸を背負う気持ちで挑みますので、皆様応援宜しくお願い致します。

まぁ、そんな話は置いといて...。

『100% MADE IN JAPANでやる意味がどこにあるのか?』

こんな当たり前の事をよく聞かれますが、世界へ打って出る時、それがコストを意識した中国製だったら...

そんなの全くイケてないやん?

助っ人外人100%で、ユニフォームだけ日本の着せて構成したチームで、勝てたらええやん?的な発想でメダル狙いに行くよりタチが悪いと思います。

服飾の世界でのものづくりも、この数年間近で見て来たつもりですが、売れたら勝ち!の考えに支配されている様です。

僕ね、改めてHayabusaのスカジャンを買って頂いているお客様が、僕に何を求めているのか?を考えたんです。

Hayabusaの場合、売れたら負けやなと思いました...😃

メジャー行ったらあかんのです!

売れてるもんはなんでもグッドですが、ベスト ベターではないのです。

アンダーグラウンドの帝王を目指さなあかんなと!

MISFITSでいなあかんと思ったわけです。 

BON JOVIに走ったらあかんのです!

売り上げ枚数で負けてもええんです! 

なんか無茶苦茶な理屈ですが、私の存在意義はそこにあると確信しております。

Hayabusaの場合、本物の判る顧客さまに認められなければ意味がないのです。

おもてなしという言葉が流行っていますが、Hayabusaのスカジャンは裏勝(うらまさり)の精神で作っています。

この精神性を海外のお客さまに理解して頂きたいですね!

第三弾? 

ありますよ!!

お金貯めて待ってて下さい。

どうぞ宜しくお願い致します。 

次は次はと聞いてくるだけのそこのお前! 

次こそは買い逃すなよ!😃



WANTED!!

60年代のEd Roth、Stanley Mouse 買い取り強化中!!

お手放しになる際はお声がけ下さります様、何卒宜しくお願い致します...m(_ _)m
どこかに売ってるよ!なんて情報だけでも結構でございます。
もし、頂いた情報で買い付ける事が出来た日にはお礼をさせて頂きます。
 blog showroom.JPG

ヴィンテージスカジャンのレアパターンも高価買取致します!
何でもご相談下さい。

*画像クリックでお問い合わせフォームにジャンプ

BST.jpg
TEL 076-407-1234 平日A.M.10:00-P.M.17:00まで 

e-mail info@sukajan.jp

Hayabusa Kat Klother 出村 淳也



posted by Hayabusa at 10:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

Roth Track Weirdo shirt painted by Von Franco

皆さんこんばんは!

先ほど、誤って古い内容のメルマガを誤送信してしまいました。
皆様には大変ご迷惑をお掛けしてしまいました事、深くお詫び申し上げます。
以後、この様な事がない様に留意致します。


GWの後半、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

Hayabusaは家族サービスやら、アポイントやら、発送作業でパニックぎみでございます。

発売前からお問い合わせを頂いておりましたRoth Track Weirdo shirt painted by Von Franco
先ほどweb storeより発売開始致しました!!

*画像をクリックでジャンプ
ed roth.jpg

掲載早々、沢山のご注文を頂戴しまして、既に欠品しているサイズもございます。

ご希望のお客様はお早めにご注文なさって下さい。

なお、GW期間中は金融機関がお休みの為、代引きでお支払い頂く方が早く発送させて頂けますので、どうぞ宜しくお願い致します。

これがEd Rothのサービストラックの当時の写真です。
エドロストラック.jpg

わかりにくいアングルの画像を何枚も検証し、Von Francoが完璧に当時の姿を再現したのであります!


174cm 65kgの僕がMサイズを着ています。
edrothchakuyou.jpg

家族受けはとても悪いので、家族でのお出かけには向いていないです...笑
でもね、こんなのが本当のオールドスクールデザインなんですよ!

日本のイベントでは、ただ下手なだけの奴が、エドロスみたいな帽子被ってエアーブラシでド下手な絵を吹き付けて売ってたりしますが、本場アメリカでどう思われているか?を想像して欲しい...。
銭取る前に、銭とって良いか考えてご覧なさい。
それを有難がって買う奴らもね、本物が何かを知って下さい。

ローブローってのは、デッサン力があってこそアートとなり得るジャンルです。
ローブロー=低俗って直訳が語源ではなく、ハイブローアートに対するカウンタ−カルチャーなんだ!

フランコこそ筋金入りの本物であり、生きる伝説と言われる所以をこのTシャツを着れば理解できると思います。

本物欲しかったらこれ絶対買え! 騙されたと思って買え!
アメリカの目の肥えたマニアやロッダーやカークラブのメンバーに見られてもCOOL!と見られると俺が保証しよう!


皆さん良いGWを!! 

Hayabusaは明日、家族サービスの為 休暇を頂きます=3
明後日は出荷する為に出勤致します。

posted by Hayabusa at 20:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする