最近の記事

2018年09月08日

今日も6点掲載しました

皆さんこんにちは!

今日もスウェットシャツを6点掲載しましたので、どうぞご覧になってみて下さい。

*画像クリックでweb storeスウェットカテゴリーに飛びます
掲載品.png
インスタに掲載した当初より、思い切って値段を10万円以上お値引きさせて頂いた物もございます...😃

早く買っちゃって下さい!


今日は特に、30'sトリコロールジャージのキャプションはしっかり書きました。

読み物としてもお楽しみ頂けるかと思います。

*画像クリックで大きな画像でご覧いただけます。

キャプション.png

明日9月9日(日)、誠に勝手ながらお休みを頂戴致します。

終日お電話でのお問い合わせはお控えください。

各種お問い合わせは下の画像をクリック 
48H以内に必ずご返信させて頂きます
BST.jpg
e-mail info@sukajan.jp
日祝日、時間外の電話はお控えください。
Hayabusa Kat Klother 出村 淳也
posted by Hayabusa at 15:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

ウールスウェット掲載中

皆さんこんにちは!

今日もウールスウェットを6点掲載しておきましたので、宜しければweb storeでご覧下さい!

画像クリックで飛びます=3

ウールスウェット.png

これだけ多くのツートーン ウールスウェット フエルト付きが一気に売りに出される事は先ずないと思います...😃

沢山の中から自分だけの一着を選ぶもよし、全部揃えてコレクションするもよし。

世界でこれだけ集めた人は今までにいないと思うので、全部買ったら世界一じゃないかと思います?

真相はわかりませんけど、これから掲載する分を含めると、過去十年遡って見て初めてこれだけの数が売りに出た位じゃないかな?

資本が続いたとしても、集めるのに10年はかかるという事です。

そんじょそこらのニワカには絶対出来ないコレクションです。

これだけ纏まったコレクションですので、本当にお好きな方の元へ嫁がせてやりたいと願っております。

纏めて引き取ってやろうじゃないか!とお考えの方には、私も誠意を持って歩み寄りながら商談させて頂くつもりでございます。

足元見て儲けてやろうなんて考えておりません。 

気軽に問い合わせは出来ないかもしれませんが、コットン至上主義とも言える極端にコットンが持て囃されるヴィンテージスウェットのジャンルにおいて、ウールが好きだ!とおっしゃるコレクター様とディールがしてみたいっ!

掲載は明日も続きますので、よろしくお願いいたします。

各種お問い合わせは下の画像をクリック 
BST.jpg
e-mail info@sukajan.jp
Tel 076-407-1234 平日のみ 10:00〜17:00 
日祝日、時間外の電話はお控えください。
Hayabusa Kat Klother 出村 淳也
posted by Hayabusa at 16:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月06日

スウェットシャツ掲載中です(ウールから)

皆さんこんにちは!

秋めいてまいりましたので、ウールスウェットの掲載をようやく再開しております。

今日はweb storeに掲載途中だった6点のウールスウェットに値段、コメント、着用画像をアップしておきました。

敢えてお求め安い設定にしている物もございますので、どうぞコメントをしっかり読んでご検討下さいませ。

明日から数日掛けてストックしているスウェットシャツを掲載して参ります。

コレクター様はお見逃しなく! また、これからコレクションを始める方も、見ごたえのあるラインナップに致しますので、これを機会に経験値を上げて下さい...😃

取り急ぎ今日はここまで!

今日のインスタはコレ
Swinging time🇬🇧#vintage#vintageclothing #swingingsixties #swinginglondon #スウィンギンロンドン #ossieclark #オジークラーク #celiabirtwell #セリアバートウェル #YSL#london #sixties #fashion #design #designer #pythonskin

各種お問い合わせは下の画像をクリック
BST.jpg
e-mail info@sukajan.jp
Tel 076-407-1234 平日のみ 10:00〜17:00 
日祝日、時間外の電話はお控えください。
Hayabusa Kat Klother 出村 淳也
posted by Hayabusa at 17:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

Today's Hayabusa

皆さんこんにちは!

昨日の台風は凄かったですね...汗

富山は大した事ありませんでしたけど、ニュースでは関西方面の被害の大きさを伝えていました。

皆さんがご無事である事を願っております。

台風も過ぎ去った今朝、富山はなんとなく秋の気配が漂っておりました。

毎朝顔を会わせる太極拳のお爺ちゃんと犬二匹 渋いです...😃
IMG_3024.jpg

真夏は暑苦しくて見るのも嫌だったスウェットシャツも、そろそろ販売を始めたいと思います。
P9050101.jpg
さてと、明日からボチボチ始めましょうかね。

各種お問い合わせは下の画像をクリック
BST.jpg
e-mail info@sukajan.jp
Tel 076-407-1234 平日のみ 10:00〜17:00 
日祝日、時間外の電話はお控えください。
Hayabusa Kat Klother 出村 淳也
posted by Hayabusa at 15:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

台風と五重塔とSさん

皆さんこんにちは!

朝夕涼しくなって来たかと思ったら台風です...。

皆さまのおい住まいの所は大丈夫ですか? 心配です...。

くれぐれも気をつけて、不要な外出はお控えくださいね!

富山も次第に雨風が強くなって来ました。

話は変わりますが...

昨日、宮大工時代の弟弟子のインスタに古い写真がアップされていたので拾いました😃
五重塔.jpg
さて、僕はどこにいるでしょう? 。。。手前右です😃 

職人の顔してるでしょ? 現場の進み具合からして2001年の11月頃だと思います。

画像左に写っている左の大きな物体が相輪(九輪)と呼ぶてっぺんの屋根に突き出た心柱を覆う様に収まっています。

この写真はおそらく相輪を収めた記念に現場にいた宮大工揃って撮影した様な覚えがあります...😃

当時は今みたいに簡単に写メれる時代でなかったので、フィルムのカメラを親方が持って来てくれたのだと思います?

一昔前は、ちょっとした記念日にカメラを持参するか、どうしてもの時は写ルンですを買いにいく。。。そんな時代でした。

ちなみに地上20m以上の高さに足場板を敷いて撮影しています...😃

完成した時の写真がこちら↓ 相輪の大きさを比較頂くと大きさを把握して頂けるかと。
五重塔.png

これも拾い物の写真ですが。
87730cafc291be9857657d64bf8858ce.jpg
真ん中の大きな柱を心柱と呼ぶのですが、実はこの柱、地面に接地していないのです。

強い横風が吹き付けると、こいつが振り子の様になって力を"いなして"いるのですよ。

屋根じまいが終わり、化粧物(見える部材)を取り付ける造作へと工程が進んでいくと、最初の写真の上左から2人目の宮大工さんと僕の二人きりで、完成まで仕上げに没頭させて頂きました...遠い目

大きな台風が来ると、私は必ず氷見の五重塔を思い出します。

どんな風雪にも耐えられる。 200年保つ。 親方の言った通り、今もこの塔は氷見の海に向かって立っています。

そしてもう一つ、この塔を見て思い出す事があります。

写真右上の写っている一際年配の宮大工さん。

私が最も尊敬と恐れを抱いていたS宮大工。 

昨年お亡くなりになったのですが、とにかく素晴らしい技術をお持ちの宮大工さんでした。

こんな綺麗で早い仕事をする大工さんを、私は他に見た事も会った事もありません!

S宮大工さんと同じオーラを感じるのは、アメリカの巨匠 ロバート ウィリアムズさんです。

一緒にいると、全く同じ緊張感とオーラを感じます。 これについては別の日に書きますね。 卓越した職人とアーティストは同じです。

この塔の屋根じまいも終盤に差し掛かった時、遠く離れた向かいの橋から屋根の曲線のシルエットを最終確認されたのですが、見た感じ、"やや緩い(ぬるい)"と指摘し、親方と議論の末やり直した思い出があります。

通常の屋根じまいは、背広の仮縫いの様に手直しする事を基本とした作業でないので、やり直しは時間とコストを覚悟せねば出来ない判断です。

失敗してのやり直しは二流以下の仕事ですが、超一級の仕事にもやり直しがあるのです...😃

美しい塔を後世に残しておきたい...。

この塔を見ても誰も気づかない小さな小さな拘り。 

私はそんな本物の職人達の拘りを目の当たりにしながら一端の職人に成りました。

その魂を受け継ぎながら、桐生とスカジャンを作っています。

今手がけているHayabusa特製スカジャン第5弾も、昨年末の般若をリリースしてから直ぐに取り掛かっていますが、出来が気に入らないので最初からやり直しています...😖💧 こりゃ年内絶望的だな

正直、辛いです。 

でも、中途半端な物を世に出せない!

将来、本物のスカジャン作りを目指す職人さんや、本物志向を求めるお客様の為の道しるべと成りたい。

台風で五重塔を思い出した話でした。

それにしてもウチの社屋は横風で凄く揺れてます...💦💦

倒れんじゃないかと心配ですが、私も今日はこれにて家に帰る事に致します。

皆さまもお気をつけて帰宅なさって下さい。

各種お問い合わせは下の画像をクリック
BST.jpg
e-mail info@sukajan.jp
Tel 076-407-1234 平日のみ 10:00〜17:00 
日祝日、時間外の電話はお控えください。
Hayabusa Kat Klother 出村 淳也
posted by Hayabusa at 17:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

蚤の市

皆さんこんにちは!

昨日、毎月恒例の富山護国神社の蚤の市へ行って来ました。
IMG_2991.jpg
自宅から徒歩圏にありますので、天気が良ければ散歩がてら遊びに行くのがルーティンとなっています。

3000円だけポケットに入れ、欲しいものを探すゲームです。
IMG_2993.jpg
欲しいものなんてまず見つかりません...笑

可愛らしい生地
IMG_2982.jpg
いいな。。。

おっ! 九谷焼売ってるお店にありました
IMG_2996.jpg
骨董市や蚤の市でもアンダーグラウンドな物を物色してしまいます...笑
欲しいけど予算オーバーなのでパス
お爺さんの左薬指の形からして、何か欠品している気が。。。と自分を納得させます

おおおッ! ムーンやないかっ! 
IMG_2988.jpg

ボーイズSサイズ 500円也
IMG_2990.jpg

ボーイズSSサイズ 少し汚れがあるとの事で、アーガイルのカーディガンとセットで300円也
IMG_2989.jpg

買いました...笑
IMG_3001.jpg
二百円の釣り銭を賽銭箱に投げ、二例二拍手一礼
近況の報告と今後の抱負を神様に伝え、ムーンのシャツを脇に抱えて朝のウォーキングコースを歩いて帰宅。
天気が良かったので、帰って間も無く買ったばかりのシャツの染み抜きしました。(シミは落ち切らずやや失敗...涙)

虎徹に着せてみた所、SSサイズでタイトジャストでした。
IMG_3008.jpg
今日だけ着てくれただけで値打ちあるわ...笑
とまぁ、平成最後の夏休み最後の休日、300円のシャツが華を添えてくれました。

話は変わりますが、先日Blogに掲載しましたMouseのADです。
ディスプレイするとかなりイケてます!
P9010088.jpg
大きさをイメージして頂ける様に僕が横に立ってみました。身長174cmです
当時物のマウスのシャツをお持ちの方なら、こうやってディスプレイしたりすると、よりコレクションの良さが引き立つと思います。
宜しければ参考にして下さい。

Mouseコレクションからもう一点、Stanley Mouse "irresistable" 撮影し直しました。
フレーム in フレーム 
UVカットアクリル 
黒い部分はスウェード張り 
奥行きを持たせたシャドーボックス仕上げ 
IMG_2976.jpg
どちらも販売しておりますので、価格はお問い合わせ下さい。 

各種お問い合わせは下の画像をクリック
BST.jpg
e-mail info@sukajan.jp
Tel 076-407-1234 平日のみ 10:00〜17:00 
日祝日、時間外の電話はお控えください。
Hayabusa Kat Klother 出村 淳也
posted by Hayabusa at 11:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月30日

'63 Stanley Mouse ORIGINAL T-shirts AD

皆さんこんにちは!

お盆も明けて涼しくなって来ましたね。

掲載しかけておりますウールスウェットの詳細や価格もそろそろアップデートするとしまして、今日はアート関係を先にご紹介させて頂きます。

私個人のとっておきのコレクションから一つ...。

'63 Stanley Mouse ORIGINAL T-Shirts AD

Signed S.Mouse '63/'93

イメージサイズ W 23cm x H 51cm 
MOUSE!.jpg


作品に相応しい、豪華な額装を施しております。
mouseAD.jpg
カスタムダブルフレーム ダブルマット(スウェード) ゴールド飾りモール UVカットアクリル板入り

フレームサイズ W 65cm x H96cm

マットの窓抜きから見えているイメージサイズ W22.5cm x H 50cm

当時物のAD(アド/広告)の原稿なので、カタログや雑誌に掲載される様な大きさを想像されるかと思いますが、額装済みのサイズは縦が1m近くあり、画像でイメージされるより大きいかと思います。

'63/'93と摩訶不思議なサインが入っています。 

私の推測ですが63年(マウス23歳の時)に描いてる途中でインクが溢れてしまって制作が中断、その後長らくマウススタジオの原稿倉庫に保管されっぱなしに...。

30年後の93年(マウス53歳の時)に売りに出す際、制作し始めた'63年と売却した'93年の年記を入れたと考えます。

インクこぼしちゃったから残ってたのでしょうね? きっと。

でも、ですよっ!

マウスは65年にはデトロイトを離れ、サンフランシスコに移住したとマウス本人から聞いていますので、60年代初期の作品が彼の手元に残っている数は大変少ないのです。 

特にADや初期の頃にしか描いていないモンスター系は大変珍しいのです。 そんなのあったら全部買うから探してよ!って話をマウスとしていましたから...😃

そうした歴史的背景と希少性を考慮し、思う存分に豪勢な額装を施して見ましたが、全く作品が負けていないので、絵の持つ力強さを感じて頂けるかと思います。

描きかけの未完成である事が更に良いっ! 鉛筆の下描きとインクのコントラストに動きを感じます。

原画の持つ力は実物をご覧になった事のある方でないとイメージしづらいのですが、凄いんですいよ!

本当に凄いんです!(二回目...笑)でなきゃ、額にウン十万円も掛けませんっての!😃

マウスのオリジナルは先ず入手不可能な程売りに出ません! 

残っている方が不思議なくらいなのです。

原稿はおろか、当時物のモンスター系は既にマウスの手元にも残っていません!

私マウススタジオ行って見て来ましたから本当です! 

今は筋金入りのコレクターしか持ってません! 

そして、これだけの大きさがございますと、お部屋に飾ると大変迫力がございます。

まだ何とか庶民の私にも頑張れば買える値段でした...汗 

相場もそろそろ手の届かない所まで上がって来ておりますので、興味をお持ちの方はお早めに手に入れておかれる事をお勧めいたします!

おそらく来年には今の3倍くらいになってると思います? 

アートの暴騰の仕方って本当に凄いんですから...

価格はお問い合わせください。

各種お問い合わせは下の画像をクリック
BST.jpg
e-mail info@sukajan.jp
Tel 076-407-1234 平日のみ 10:00〜17:00 
日祝日、時間外の電話はお控えください。
Hayabusa Kat Klother 出村 淳也
posted by Hayabusa at 12:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする