最近の記事

2011年03月31日

おかえりなさい..

昨日の朝、天気が良いのに雷が鳴っているなぁ...

なんて思って外に出てみると...

奴が帰って来ました(笑)

お帰り!ロードスター!!

: E&Jのヘッドライトは、陸送中 降雪地帯を通った為 融雪で使用される塩化カルシウムを浴びて凄まじく錆びており、現在ポリッシュ中です...涙

ヘッドライトなんて無い方がカッコいい!

(動画はPCでご覧下さい)



さて...

SAVE JAPAN #1 チャリティーセール品の和柄ハワイアンシャツは、コレクター様のご好意によりお買い上げ頂く事が出来ました!

本当に有り難うございました。


チャリティーって、続ける事が大切だと考えております。

Hayabusaでは 一月に平均10〜20万円相当のアイテムをスペシャルプライスで1点〜2点ご提供し ディスカウント分はコレクター様へ還元、

そして売上げは全額募金させて頂くつもりでございます。

少なくとも年内は継続的にチャリティーに協力して参りたいと考えています。

第二弾も現在準備中でございます!

後ほど掲載致します!!

しばしお待ち下さい。


もちろんフレッシュアイテムの掲載準備も同時進行しておりますので、そちらもよろしくお願い致しますね!(笑)

新商品では、ブラックボディーの雪柄が大変お買い得で掲載されますよ!



posted by Hayabusa at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | HOT ROD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

和柄...

こんにちは!

暖かくなったり...寒くなったり...どっちをご紹介して良いものやら悩みましたが、気分的には春に御召し頂ける物の方が良いですよね?

そんな訳で、今日は和柄ハワイアンシャツをご紹介致します!!

和柄と一言に申し上げても、ダントツに人気 希少性 芸術性の高いのはビッグアニマルでございましょう...

しょぼい鳥や、うなぎみたいな龍なんて誰も欲しく有りません!


皆、柄が"でっかいのん"が欲しいんです!!!

そんなご要望にお応えする為に、上物をご用意致しましたので、とくとご覧下さいませ。



先ずはMUSASHIYA

デッドストック!! 

以前 Hayabusaでお買い上げ頂いた物です。

: ご委託品

もの凄く狭い範囲でのご提案ですが、ハワイで結婚式を挙げる日の為に如何でしょう?

柄がおめでた過ぎます! アメリカ人にはこの柄が何れだけおめでたいか判らないでしょうね...

そんなこじつけた様な理由が無くても、コレクターなら手に入れる価値がございますね!(笑)

和柄の名門、MUSASHIYA シルク製 和柄 デッドストック でっかいのんです!!
CIMG5110.JPG

FRONT
CIMG5111.JPG

BACK
CIMG5116.JPG

ハワイアンシャツは、春と秋にお楽しみ下さい。

何でもお気軽にお問い合わせ下さいませ。





posted by Hayabusa at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

色んな角度から...

こんばんは!

早く寝てしまい、既に目が覚めてしまって寝られない夜でございます。

今日は9時頃寝ました...


そんな夜は妄想に限ります。


マグホイールはNEWタイヤを準備中...
DSC08304_small.JPG


TOPが被っているせいで、クラシックカーっぽいですが、TOP外してマグ履いたらかなりレーシーなイメージになる筈?
DSC08303_small.JPG

早くシールドもチョップしたいなぁ...
DSC08301_small.JPG

マグの前にリアを20インチで楽しむとするか....
DSC08300_small.JPG


年を取ると寝られなくなりますね...






posted by Hayabusa at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | HOT ROD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

POWER BULGE

こんばんは!

やっと理想のスタイルになりました...感無量でございます

ウィンドシールドをあと1インチチョップして、現状の2インチチョップから3インチチョップにすると完璧です!(笑)
DSC08281_small.JPG


ルーバーの奥に光る"奴”は伊達じゃない!!

コイツに火を入れた瞬間から、ブロワーノイズが脳天を突き刺します!

羊の皮を被った狼なのでございます。
DSC08283_small.JPG

ブリスターはポリッシュ
img_1210595_36170662_5_small.jpeg


このフードに輝くブリスターは、僕なりのシェビーモーターへのリスペクトと愛情なのでございます。
DSC08282_small.JPG



1954年にHOT RODは終ったという人が居ます...

その翌年、シェビーのスモールブロックが生まれたからです。

シェビーV8の誕生は、エンジンを載せ換えるだけだけで簡単にハイパワー&スピードが得られる事を意味しました。

その考えは、ピュアなHOT RODを極めると言う意味では絶対に間違っていないと思います。

では、もっとシンプルな問いに対して、上の理屈ではどう答えれば良いのでしょうか?

『HOT RODとは何だと思いますか?』

同じ質問をアメリカ人の友人ウィリーに聞かれた事が有ります。

僕は一にスピード、二にスピードだと答えました。

僕の場合、レースはしないのでタイムは関係ありません...

彼はその通りだ!と声を上げて肯定してくれました。

そしてこういいました。

『HOT RODは危険で速いもの』


近年、日本ではシェビーは人気が有りません...

オールドへミやフラットヘッドに憧れる人が多いです。(僕も大好きですよ 笑)

そんな事をウィリーに話すと彼はこういいました

『確かにオールドへミのルックスはカッコいい。』『パワーも出る』

『でも 60年代半ばからのレースでは、シェビーにぶっちぎられていたよ...』

『シェビーは優秀なエンジンだ』

『ジュンヤ 例えばフラットヘッドでたった200HP得るのに幾らかかると思う?』

『20000ドルかける気が有るならそんなエンジンは出来る』

『じゃぁシェビーだったら?』『200HP程度のエンジンなら3500ドルだぜ!』


昔、宮大工だった頃 銘木屋さんにこんな事を教えてもらいました。

『高いのも杉』『安いのも杉』

杉はありふれた品種の材木では有りますが、銘木も多く超高級な物まで有る奥の深い銘柄なのでございます。


『手軽に気軽はシェビー』

『とことんやるならシェビー』

そこんとこ よろしくお願い致します。









posted by Hayabusa at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | HOT ROD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

何故 百虎と呼ぶんですか?

良い質問ですねっ!

実際には70匹位しか描かれていません...

こんな質問も...

パーフェクト アンサー!!
KINTAmA.png

posted by Hayabusa at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

今日から出勤

こんにちは!

約一週間ぶりに会社に出勤しました

2月のインスピレーションショー以来、ずっと出張が続いておりましたので、流石に昨日は疲れて休んでおりました。

今日から順番に対応させて頂きますので、どうかよろしくお願い致します。

先月買い付けた新商品もまだ紹介しきれておりませんので、これから自分のコレクションも含めていっちょ景気付けにスペシャルをメインにご紹介したいと思います。

黒熊...スカジャン/硫黄島...などなど

ブラックの熊ジャンは素晴らしいコンディションですよ!!


さてさて...

先日 東京で行われたヴィンテージショーでは、様々な方にお声をかけて頂き光栄でございました。

コレクターって凄いと思いましたよ(笑)

僕も負けませんよ!! 欲しい物は必ず手に入れますからね!


今日はあまり馴染みの無いジャンルの摩訶不思議をお話して見たいと思います。

年末にヴィンテージマグホイールを買ったと申し上げましたが、これです!

ずっとこのホイールが欲しかったんですよ...遠い目

僕のロードスターに取り付けるまで、一年以上ディスカッションを重ねました。


フロント&リア共に18インチで揃っています。

簡単に説明致しますと、穴の空いていないスムージースタイルや、16インチ以下のマグはレアですが、ど変態級のスーパーレアでは有りません。

そんなのは数千ドルで買えますし、欲しく有りません...
P3013952_small.JPG


そんな18インチが4本揃うと正にロイヤルストレートフラッシュ!!

僕に言わせれば、アーダンヘッド載せてるより変態でっせ!(笑)

こうしてロードスターに履かせてみるとエクスタシーやわぁ...
P3013947_small.JPG

ついでにアクスルはドリルドに、ショックマウントも変更...
P3013954_small.JPG




一体このホイール、何が最強なのか?さっぱり判らないと思いますので、このホイールのヒストリーを少しお話させて下さい。



1988年のL.A. ロードスターショーのスワッピミートに、18インチ ワイズ 3インチのセットが売りに出されたのでした...

当時主流だったスタイルは、各所にギラギラしたワンオフのビレットパーツをちりばめたストリートロッドが中心でした。(今ではどちらかと言うと見向きもされていません...)

そんな時代背景も有り、50年代にレースで使われ、表面が酸化した まるでコンクリートの様なマグホイールなど、誰も見向きもしなかったのでございます。

当時スワップミートで売られた価格はたった300ドル。(フロントの二本のみ)

廻りの連中は、皆 口を揃えて『UGLY...』と言ったそうです。

ホットロッドを作っている方なら判ると思いますが、フロントだけマグホイールを持っていても意味など有りません...

せめてリアを2本だと取り付けても格好はつくので用途は有ります。
(今 僕がMILK TRUCK WHEELSをリアだけに付けている様に)

そんな時代とシチュエーションの中、フロントだけを買ったのが先ず凄い!
(ってか、この段階では愛したいアホです 笑)

フロントだけでは全く意味のない代物ですからね(笑)


予算無視! 有れば幾らでも買ってやる! そんな勢いで探しても全く見つからなかったそうです...

2004年のある日...

馴染みのヴィンテージパーツ屋に訪れた所、棚の上に埃を被ったマグと見られるホイールが積み上げられていたのでした。

それは少し前にジャンクヤードから発掘された物で、埃でたいそう汚れていたそうです。

埃を手で払ってよく見ると、それはまさしく1988年に買ったホイールと同じデザインのマグだったのです。

遂に出会った!と思った瞬間、

店の親父は『先週 イーストコーストの物好きが金払っていったよ...』と言ったそうです。

『なんでこんな汚いホイールが欲しいのかねぇ...』


買った親父の電話番号と住所だけ聞き、電話する前に勝手にお金を送ったそうです(笑)

いきなりお金が送られて来た親父の話なんて無視!

『3500ドル送った』『ホイールを俺に売れ!」

渋る親父に『じゃぁ追加で1000ドル送る! 4500ドル!』

無事 DEALとなったのでした(笑)

この瞬間、幻のレーシングマグホイールがコンプリートしたのでした!!!

実に16年もの歳月を要したのでした...

判り易く例えると、スターオブジハリウッドをコンプリートする方が、金銭的にも手間的にもよっぽど楽やと思いますよ(笑)


それから7年後...

肌の黄色い一人の男がこのホイールのセットに目をつけました。

:ちなみにアメリカのカーショーでもこのホイールを履いてエントリーされていません。


『何これ? こんなホイール見た事ね〜』

『絶対買うべ...』

『何?売らねぇだと〜?』

これでもか〜〜!!!

BEAT THE PRICE!!
P2103558_small.JPG

: ちなみに下の旧冊は全て20ドル札ですからね...笑 厚みの有る方が面白いでしょ?

ここ一番の勝負時に、躊躇せず目一杯 張り込むのがコレクター魂ってもんよ!!!



誰も欲しがらない...て?

その通り!(笑)















posted by Hayabusa at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする