最近の記事

2009年02月28日

新商品のご紹介...

明後日から一週間お休みを頂きますので、何か一つ位掲載しておこうと思いましたので、レアなデニムを一本ご紹介しておきますねexclamation&question

イーストウェスト/フレアーデニムパンツ

W 32インチ

L 31.5インチ

※ ウェストはローライズで、腰で履く感じになりますので、30-31インチの方にジャストサイズだと思います。

ダメージ 汚れの一切無い、エクセレントAAですexclamation

シルエットは、517ブーツカットと、646ベルボトムの中間位のフレアーで、流石!イーストウェストと言える、奇麗なラインで構成されています。

イーストウェストのカタログには記載されていたものの、実物を入手する事はとても難しく、今までこの一本しか見た事が有りません。

希少性〜完成度も含め、イーストウェストコレクター様は、絶対にお見逃しになりません様にexclamation

次はおそらく見つからないと思います...

税込価格//135450円(129000円)

バック
hayabusaCIMG0626catclother.JPG

レザーパッチ
36363636.JPG

ファスナー/42 TALON
hayabusaCIMG0625catclother.JPG

ドーナツボタン
hayabusaCIMG0624catclother.JPG

フロント
hayabusaCIMG0623catclother.JPG

174cm 62kgの僕が着用しています。
※ スタッフが休んでいるため、鏡越しでスミマセン...靴下やねわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
hayabusaCIMG0621catclother.JPG


現在 商談を頂いているコレクター様や、弊社からオファーさせて頂いているコレクター様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、3月7日まで一切の業務を休ませて頂きますので、何卒 ご了承下さいませ。

明後日からお休みですが、明日は早めに切り上げて、大坂の友達のお店にでも突然行ってみようかな?っと考えていますので 宜しくねexclamation

早くこの寒い富山から、南の楽園に行きたいなぁ...

The Misfits/NIGHT OF THE LIVING DEAD
1979年10月31日 リリース/2000枚プレス

カラーバリエーション無し

hayabusaCIMG0641catclother.JPG

このシリーズは、僕の気の済むまで勝手に掲載し続けますが、あまり気になさりません様に...わーい(嬉しい顔)

ナイト オブ ザ リヴィングデッドは、2000枚プレスにも関わらず、何故か入手がとても難しかったので、2枚持っています。
こんな感じに、コレクターは入手に苦労したアイテムは、"何か有ったときの為に"見つけると買ってしまう習性が有ります...あせあせ(飛び散る汗)

次はファーストアルバムのウォーク アマング アスを掲載する予定ですが、5枚持っていたので笑ってしまいました...わーい(嬉しい顔)
その件は次回exclamation&question

もう一つお知らせが有るのですが、新企画exclamation&question題して"わらしべ長者"一体 何処に行ってしまうのでしょうか?を開催したいと考えていますわーい(嬉しい顔)

わらしべ長者は、一本のわらから長者になりましたが、変態コレクターの秘蔵する、どうでも良い様なレアものを、おかしなレアものへとトレードしたり、ぶっ飛びのスペシャルをぶっ飛んだレアものへと、買手が現れるまでエンドレスに繰り返す企画でありますわーい(嬉しい顔)

まずは、僕のダブったコレクションや、値段を付けるのが難しい様なアイテム、時計 ヴィンテージ レコードなど 幅広いカテゴリーでの出品を考えていますので、皆さんも是非 ご参加してみて下さい手(チョキ)わーい(嬉しい顔)

でわでわダッシュ(走り出すさま)
posted by Hayabusa at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

イーストウェストの嘘?本当?

今日はイーストウェストのお話しです...

巷で良く噂されている、イーストウェストの通説を、もう少し納得出来る?様にお話し出来ればと思います。

ここではあまり詳しくお話しはしませんので、あくまでご参考までに...

これはあまりに有名な"CHOPPER"と言うモデルですねexclamation&question

エルヴィスが着用して居た事がうたい文句になって紹介される事が多いですが、実際にどうだったかというと、まず 間違え有りません。

この根拠は、エルヴィスがイーストウェストに、Size 42のCHOPPERを三着オーダーした記録が残っていますので、コレクターはそれを信じています。

CHOPPERやTHUNDERのクリエイター名は、ペインターで有るスティーブ リバックさんです(豆知識)
hayabusaCIMG0033catclother.JPG


ジミヘンは、"RENI" を着ている写真が残っていますので、これも確実に彼は着ていたと言えます。

ジャニス ジョプリンは、"RENI"と"PSYLOJUANA"を買っており、オーダーしたと言う記録は残っていませんが、愛用していたと言えるでしょう...

余談ですが、ジェリー ガルシア(グレイトフルデッド)は数々のカスタムをオーダーしています。

話は逸れますが、当時 イーストウェストはどのようなスタイルでビジネスしていたかと言うと、主に卸売りをしており、イーストウェスト自体は小売りを殆どして居なかった様です。
正規代理店を作らなかった代わりに、イーストウェストは唯一 Organic Haberdasheryを持っていました。
しかし、1973年に売却されます...

1973年と言えば、イーストウェスト絶頂期の筈が何故?

そしてイーストウェストは1979年にビジネスをやめます...たらーっ(汗)

それらの理由を把握するまでには、未だ時間が必要ですが、誰に売却したか?までは掴んでいます手(チョキ)わーい(嬉しい顔)

当時イーストウェスト最大の卸先も把握していますので、当時のマーケティングももうすぐ把握出来ると確信していますexclamation&question

誰がどのようにイーストウェストを世に知らしめたのかexclamation&question

っと言う事ですねわーい(嬉しい顔)

ここでは断片的な情報しか書きませんでしたので、あくまでご参考までに...

断片的な情報が、勝手に一人歩きすると、誤った情報になりうるからです。

ついでにお話しすると、サウスパラディッソを紹介するコメントの多くに、当時のミシンナーを雇いとか有りますが、これは間違っています。

正確には、当時のミシンナーの手を借りなければならないモデルも有る。になりますわーい(嬉しい顔)

通常のモデルは、全てサウスパラディッソのスタッフによって作られています。
※ 個人的には、サウスパラディッソのクウォリティーは、当時のイーストウェストを既に超えていると思います。

次に、イーストウェストはレザー以外にもラインナップを揃えていると言われていますが、これは確実に有りましたexclamation

当時の卸売りリストにも掲載されていますし、シャツのサンプルのネガを入手しています。(卸価格も把握しています)

又、実物も所有していますので、間違え有りませんわーい(嬉しい顔)

変態の知識とネットワークを侮ってはいけませんよわーい(嬉しい顔)

デニムパンツ/レザーパッチ
hayabusaCIMG0627catclother.JPG

コーデュロイジャケット
hayabusaCIMG9002catclother.JPG

タグ/デニムパンツにも、アクリル製の同様のタグが付きます。
hayabusaCIMG9001catclother.JPG

ウェブに転がっている情報をかき集めるより、シリアスコレクターやマニアとのネットワークを構築しなければ、真実を知る事は出来ないと言うお話しでした手(パー)わーい(嬉しい顔)

The Misfits/Halloween
1981年10月30日 リリース/5000枚プレス

※ カラーバリエーション無し

特にレア盤とも言えない代わりに、オリジナルインサートが付いているか?が重要になりますわーい(嬉しい顔)

hayabusaCIMG0640catclother.JPG

最後にお知らせです...

3月2日(月)から3月8日(日)まで、完全休業致しますので、その間 お問い合わせやお買い物をして頂く事が出来なくなります。

何卒ご了承下さいませ。

富山はとても寒いので、スタッフを連れて サウスのパラダイスに行ってきますダッシュ(走り出すさま) わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
posted by Hayabusa at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

ブートレッグ...

今日も引き続き、The Misfitsのお話しを致します...あせあせ(飛び散る汗)わーい(嬉しい顔)

最後にヴィンテージもご紹介致しますので、興味の無い人は読み飛ばして下さい...あせあせ(飛び散る汗)

唯我独尊exclamation 判る人だけの為に書き綴ります...ゴメンネあせあせ(飛び散る汗)

80年代半ば メタリカがリスペクトしていた事がきっかけで、ミスフィッツと出会った僕は、レアな音源を求めてレコードをコレクションする事になったのですが、これが曲者で 当時は簡単に手に入れる事は出来ない代物だったのです。

メタリカ/ガレージデイズが発売になった頃、GREEEN HELLはEARTH A.D.に収録されていたので既に原曲を知って、全曲カバーのガレージデイズを聞けたのですが、LAST CARESSを聞くには、" BE WARE"と言う、既に廃盤になったレコードを探し出すしか、オリジナルのLAST CARESSを聞く事が出来ませんでした...

NO POSERexclamationをポリシーにしていた僕は、原曲も聞かずにミスフィッツやメタリカが好きだと言う事が何とも悔しく、ミスフィッツのLAST CARESSを捜す旅に出たのでした...嗚呼

当時高校生だった僕は、自分のネットワークではどうしても見つけ出す事が出来ず、結局ブートレッグと言う危険なお宝を手にする事になるのです。
ブートレッグと言っても、当時で7000円もしていました。

下がオリジナル12インチ
上がブートレッグ7インチ

The Misfits/BE WARE
ファーストプレス/1980年1月 U.Kリリース
3120枚
hayabusaCIMG0607catclother.JPG

ちなみにドイルとボビーのサイン入り
hayabusaCIMG0608catclother.JPG

この様な、オリジナルとブートレッグが簡単に見極められる様に作ってあれば、後年 オリジナルに紛れる事は絶対に有りませんが、こんなブートレッグも有るのです...あせあせ(飛び散る汗)

どちらがオリジナルか? おそらくオリジナルを持っている人でも見極め出来ないのでは無いでしょうか?わーい(嬉しい顔)

Glen Danzig(ミスフィッツのヴォーカル)のソロ/WHO KILLD MARYLYN
ファーストプレス /1981年8月 ブラックビニル5000枚
セカンドプレス/1983年8月 ブラック&パープル 25枚 パープルビニル500枚

1979年
アセテート盤/1枚...あせあせ(飛び散る汗)

万が一持っていらっしゃる方がいらっしゃいましたら、命がけで買いますexclamation×2あせあせ(飛び散る汗)
hayabusaCIMG0609catclother.JPG

コレクターはオリジナルで有るか?ブートであるか?によって、取引する金額が全く違いますので、こんなのが誤って市場に出たら困った事になります。

さて相違点ですが、上がブートで下がオリジナルですわーい(嬉しい顔)
オリジナルには黒い縁取りが残りますが、ブートは縁が有りません。
ここまで精巧なブートを作った人は、オリジナルの入手が困難を極めた80's期のミスフィッツファンをとても満足させたのでした...

っがexclamationここまで判ってコレクションしている人って、殆ど居ないと思うんですよね...
ブートをオリジナルだと思い込んじゃうって事、考えなかったのでしょうか?

今ではとても迷惑極まりない『ブツ』でしか有りません。

ジャケットだけで判断する方法と言えば、下の画像で確認出来る相違点しか有りません...
これが作った人の、善意のつもりだったのでしょうが、判りにく過ぎますね?わーい(嬉しい顔)
hayabusaCIMG0610catclother.JPG

もし、真贋がはっきりしない、"WHO KILLD MARYLYN"を持っていらっしゃる方が居れば、もっと詳しくご説明して差し上げます手(チョキ)わーい(嬉しい顔)


さて今日は、先日 予告しておりましたバックパネル/アートボーグ製のハワイアンシャツをご紹介致しますexclamation×2

と、ここまで書いた瞬間、たった今 売れてしまいましたので、掲載はございません...ゴメンナサイたらーっ(汗)

まだまだスペシャルは入荷しておりますので、入荷次第 掲載する事に致します手(チョキ)わーい(嬉しい顔)

ご期待頂いても良いだけの、スペシャルが入荷しますexclamation&question
posted by Hayabusa at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

毎度長文失礼致します...

最近、Blogの文章がやたらと長くなって来ていますが、これは ワイルドマン石井 先生のBlogを読んで、あまりに面白かったので、僕もヴィンテージ以外にも、出来る限りマニアの喜ぶ?コアな内容で、記事を書き進めて行く事にしましたわーい(嬉しい顔)

僕が、如何にメタリカをリスペクトし、愛していたか?ご理解頂けた様で、色んな方からメールを頂き、とても嬉しいですexclamation

今、ヴィンテージをコレクションされている方の中にも、当時のハードコアシーンや、メタリカをリアルタイムで聞いていらっしゃる方が多い事も判り、とても面白いと思いました手(チョキ)わーい(嬉しい顔)

ベースの神様のタトゥーに刻まれたスカルから、僕のMisfitsコレクションが始まった訳ですが、実際に〜'86までにメタリカファンがミスフィッツをとことん追求して聴いて居た人は、当時 僕の廻りには極少数しか居ませんでした。

※ '87ガレージデイズが出てから、ミスフィッツの存在を知っていた様では甘いのですよわーい(嬉しい顔)

当時 メタリカのファンは、ミスフィッツのTシャツを良く着ていたのですが、あくまでファッションとして楽しんでいらっしゃった様です。

これを当時は俗に、『POSER/ポーザー』と呼び、とても格好悪い事として、軽視されていたのです...

何事も、ほんまもんを開拓して追求する事は、大変な労力とモチベーションを必要とします。

この頃から、既に僕はコレクター&マニアとして、生きる覚悟をして居たのでした...遠い目
(後に変態を勝手に襲名します)

そして、その頃には究極のスカジャンを探し求める、一生をかけた旅は始まっており、将来乗りたい車はデュースクーペと心に誓っていたのでした...わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

ガキの頃から、オリジナルを手にすると言う甘い蜜の味を知った僕は、その後 様々な分野の『ほんまもん』な方達との出会いが待っているのでした...

この話は、"あいにく" まだまだ続きます...わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)


The Misfits/HORROR BUSINESS
ファーストプレス/1979年6月
ブラックビニル/ノースリーブ 25枚
セカンドプレス/1979年 8月
イエロービニル 2000枚

残念ながら、セカンドプレス...たらーっ(汗)
オリジナルのファーストプレスを持っている方がいらっしゃいましたら、是非 お譲り下さいm(_ _)m
僕は喜んで買いますexclamation×2あせあせ(飛び散る汗)

ミスフィッツのレコードは、数枚〜数十枚単位でのレア盤が存在している為、コレクター魂に火を付けるのです...
hayabusaCIMG0597catclother.JPG

入手した1987年当時、最後に収録されてる"Children in Heat"の音源は、このオリジナルを入手しなければ聞く事が出来ない幻の曲でしたので、せっせとバイトして一ヶ月の給料と引き換えに、この一曲を手に入れた17才の地図でした...
hayabusaCIMG0598catclother.JPG

次回は、アートヴォーグ製 バックパネルのハワイアンシャツを掲載致しますので、必見ですexclamation×2

お問い合わせはお早めにわーい(嬉しい顔)
posted by Hayabusa at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

Respect...

昨日は、メタリカのお話をした所、一人テンションが上がってしまい、会社から家までの車の中 どうしてもメタリカを聞きたくなって、既に持っているKILL'EM ALLを買いに、タワーレコードへ寄り道して帰ったのでしたわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

誰でも知っている様なジャンルの事を書くと、Blogのアクセスは上がるのだと思い知りました...あせあせ(飛び散る汗)

でも、ここではそんな事は気にせず、コアなコレクターのお話をしていくつもるですので、バックヤード ヘヴィーユーザーの方はご安心下さいわーい(嬉しい顔)

久しぶりにCDなんて買いにいったので、Aから順番にいろいろと物色しておりますと、Bの段にBEETALICAと言うバンドを見つけたので買ってみました。
(二枚でてたので、二枚買っちゃいました)
HP3CIMG0094_small.JPG

帰宅後、METALLICAに似たこのバンドをググってみたところ、WEBでは既に有名な存在だった様で、冗談で結成してレコーディングして、三十枚程プレスしたレコードを、友人に配ったのが始まりだったそうです...詳しくはググって下さい。

参考までに、とても興味深いBlogを発見致しました。
http://blog.livedoor.jp/mediamon/archives/2005-12.html

簡単に言うと、ビートルズの曲をメタリカが演ったら?みたいな事してるのですが、これが本当にメタリカのヴォーカル(ジェイムス ヘッドフィールド先生)の声にそっくりで、メタリカを知っている人なら絶対にウケますexclamation×2わーい(嬉しい顔)

BEETALICAに関して、色んな方がコメントしていますが、今日はメタリカ好きを自負している僕が,BEETALICAの聞き所をお話してみたいと思いますexclamation&question

ビックリしたのは、6曲目のA GARAGE DAYZ NITEで、ビートルズのハードデイズナイト(ヤアヤアヤア!ビートルズがやってくる)を、メタリカ風のアレンジで演奏しているのですが、タイトルのガレージデイズとは、メタリカの12'カバーガレージデイズを引っ掛けており、これが凄いexclamation&question
ジェームズのこぶしを”あえて"利き過ぎたヴォーカルを、しっかりとした裏付けの有るバックの演奏が完全にメタリカとビートルズを融合させています。

これは、メタリカを馬鹿にして居るのでは無く、リスペクトして居なければ、絶対にあの様な表現は出来ないと思いました。

メタリカを聞き込んでいる人なら、大ウケ間違え有りませんexclamation

例えるなら、モノマネのコロッケさんが、千昌夫さんの真似をしている様な、大げさな感じが致しますが、これも聞いている方は笑っちゃうのですが、愛情とリスペクとが無ければ、絶対に出来ない『芸』だと思います。
本人はそんな事絶対に言わないのに、言う様な気がするみたいな感じですね?わーい(嬉しい顔)
和田アキ子さんの『ハ〜ヒフヘホ〜』みたいなわーい(嬉しい顔)

っとまぁ、直ぐに笑わせてくれたビータリカですが、そのまま笑かされていたら悔しいので、もっとも真似しにくいであろう?ラーズ先生のドラムを、どのように叩いているか?良く聞いてみたのですが、これが 『やっぱり!』ラーズ先生ならここでシンバル叩くよな〜exclamationみたいなところで、しっかり叩いていましたので、脱帽です...あせあせ(飛び散る汗)
これがテクニックの裏付けですねexclamation

メタリカ好きなら判ると思いますが、メタリカのドラムのラーズ先生は、何処でシンバルを叩くか?予想も出来ない所で叩くんです。

リスペクト...
僕の最も好きな英語です。

何故なら、人と人とを繋ぐ言葉だと僕は考えていますし、ビジネスにおいても友達付き合いにおいても、Respectなくしては何も始まらないと思うからです...

それが、ただのモノマネであったとしても、リスペクトが有れば友情や愛情が芽生えて来るものだと思います。

ヴィンテージの世界では、レプリカがモノマネに似ている様に思いますが、レプリカもオリジナルに対するリスペクトが必要だと思います。
単に完成度を追求しているだけでは、コレクターまで満足させる『モノ』は生み出されない様に思うからです...
もし、完成度だけを求めたなら、それはクローンが倫理上問題とされているのと同じ事です。

自分の持っているスペシャルピースを、そっくりそのままデザインをパクって作られれば、腹が立つかも知れませんが、僕の場合 マイフリーダム5で公開した スカル スカジャンが、今ではレプリカは出てるわ、それがオークションで叩き売られてるわで、周りの皆さんに残念だと良く言われます。

ココ シャネルは、自分のデザインしたバッグや洋服の偽物を売っているのを見て、彼女はその売り子を抱きしめてキスしたと言います...

『これこそ私の望んでいた事だわ』と、偽物を売っていた売り子を抱きしめたんです。

既に彼女は人気の絶頂に有り、庶民が容易く買える様な代物ではなくなっていましたし、それを庶民が楽しめる為に、偽物が作られた事は良い事だと言ったのです...

何故?だと不思議になるかもしれませんが、偽物とオリジナルの違いは、値段もそうですが クウォリティーとなると比べるまでも無い事を、誰もが知っていたからです。

これは、メタリカの(リーダー)ラーズが ビータリカのデビューを後押ししたのと同じ事だと思います。(ビートルズの版権を持っているSONYとの裁判に、メタリカの弁護士が仲裁に入って、デビューに至ったという経緯が有ります)

デザインを勝手に用いる事を批判する人が大勢いらっしゃいますが、服飾のデザインにおいては自由ですので、法的にも勝手に誰が何を作っても良いのです。
(商標は別です)

グッチがイーストウェストのスモークを、そのまま作った事が有りましたが、何も問題は無いのです。

その後、イーストウェストの評価はどうなったでしょう?

簡単に手に入れる事が難しくなる程、評価は上がったでしょう?

それは、イーストウェストに対するリスペクトが有ったからだと思いませんか?

ここで僕のスカル スカジャンの話に戻りますが、マイフリーダムの小さい写真でコソコソ レプリカか?フェイクか判らない様なもん作る位なら、徹底的にスカルのスカジャンが作りたいのであれば、僕は喜んで自分のスカジャンをお貸し致しますし、コレクターなりのアドバイスもさせて頂きますexclamation 徹底的に俺がほんまもんのスカジャンを教えてやるぜexclamation&questionわーい(嬉しい顔)

これこそ、僕の望んでいる事ですexclamation

俺なら タイでスカルのお土産刺繍しているおっさんに、ディープキスしてやらぁわーい(嬉しい顔)exclamation
覚悟してろってのわーい(嬉しい顔)

今日のタイトルRespectですが、最もリスペクト出来る人と言うのは、下げられない頭を下げられる人 謝りにくい事を謝れる人こそ、男の中の男だと僕は思います...

僕なんて、今 可愛がって頂いているお客様に、謝っていない人は一人も居ませんからね?わーい(嬉しい顔)
頭下げてここまで来た様なもんですわーい(嬉しい顔)


Respect...でした手(チョキ)わーい(嬉しい顔)

The Misfits/Bullet
ファーストプレス/1978年6月
ブラックビニル/シルクスクリーンスリーブ 1000枚
セカンドプレス/1979年1月
レッドビニル 2000枚

当然ブラックビニルで持っています手(チョキ)わーい(嬉しい顔)
HP3CIMG0586_small.JPG

っああせあせ(飛び散る汗)exclamation&question

あまりに長文を打ち込んでいたので、新商品の紹介をうっかり忘れていましたあせあせ(飛び散る汗)

次回は、ハーレー スカル&ウィングのスペシャル出しますよ〜exclamation×2

明日は定休日とさせて頂きますので、お問い合わせはメールにてお願い致します。
posted by Hayabusa at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

ベースの神様...

今日は、ヴィンテージの紹介も忘れず、パンクなお話しもしたいと思います。

僕がパンクやスラッシュを聞き始めたきっかけは、METALLICA大先生の1 st アルバム/KILL'EN ALLの一曲目HIT THE LIGHTSを聞いたからでした...遠い目

あまりの爆速のギターに、回転数を間違えた?と、確認した事は忘れられません...あせあせ(飛び散る汗)


そしてもう一曲、ベースソロのインストロメンタルの(anesthesia)Pulling Teethに最も衝撃を受けたのですexclamation

2分33秒からベースのスライドを合図に、ドラムが入ってくるのですが、格好良すぎてチビリますあせあせ(飛び散る汗)exclamation×2

ほんとに凄いんだってのあせあせ(飛び散る汗)
ベースソロ テイクワン...


そんなベースを弾いていらっしゃたったのは、メンバーの中で一人異彩なオーラを放った人でした...

その人の名は、クリフ バートン...

ベースの神様だと思いました...


恥ずかしながら、メタリカの1stアルバムをだけを聞いていた頃、まさか!ベースでこんなの弾いてるなんて、思っても見なかったのです...ってきりギターだとばかり...
しかも!2フィンガーでっあせあせ(飛び散る汗)

80's 中期、ベースの神様の風貌はまんま70'sで、ベルボトムにリーバイスの3rdと言ったもので、お世辞にもカッコいい!とは思えなかった15の夜でした...

でも、彼の醸し出すブンブンと唸るベースは、僕の心に風穴を明けたのでした...
そして僕は神様に、レベッカなんかもう聞かない!と心に誓ったのでした...


そんなベースの神様の、何時もお召しになっていられるTシャツには、何時もスカルのプリントがして有る事に気づき、右肩にも同じタトゥーが入っていました?why?

このスカルをトレードマークにしているバンドこそ、The Misfitsだったのですexclamation×2

ファーストプレス/1981年4月
ブラックビニル/レッドラベル 3000枚
ブラックビニル/ホワイトラベル7000枚
hayabusaCIMG0572catclother.JPG


もちろん!レッドラベルで持っていますexclamation

ghouls night outがお薦めですexclamation(ちまみに グナロゥと聞こえます)
とにかくカッコいいんだってばexclamation
hayabusaCIMG0574catclother.JPG

僕は、何故 スラッシュと言う音楽が生まれたのか?それを知りたくて、ひたすらに神様の好きだったMisfitsを聞くため、既に廃盤となったレコードを集め出す事になるのでした...

ここで断言しておきますが、その後 スラッシュメタルと言われるバンドのミュージシャンで、ベースの神様の影響を何も受けていない人は、誰も居ませんexclamation

当時の神様を『一人スラッシュメタル』と言った人がいますが、正に神様はこの時 一人でスラッシュをこの世に奏でていらっしゃったのです。

もし、神様のベースが売りに出たら、僕は全財産を投げ打ってでも手に入れようとする事でしょう...そんな事しても買えないと思うけど...

それがコレクター魂と言うもんだと言いたかっただけですわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

この話は次回に続きます...

スラッシュやパンクの話は置いておいて、頭切り替えていきましょう!

今日はアンクルサムのガチャポケ/シャンブレーシャツをご紹介致します手(チョキ)わーい(嬉しい顔)

表記サイズ 15 1/2

コンディション/デッドストックexclamation×2

税込価格//135450円(129000円)

フロント
hayabusaCIMG0281catclother.JPG

ガチャポケ
hayabusaCIMG0282catclother.JPG

タグ/プリントのタグは極めてレアですexclamation
hayabusaCIMG0283catclother.JPG

かわいいチンスト
hayabusaCIMG0284catclother.JPG

ガチャポケアップ
hayabusaCIMG0287catclother.JPG

バック
hayabusaCIMG0288catclother.JPG

マチ
hayabusaCIMG0289catclother.JPG

当時のシールも完全な状態で残っています!
hayabusaCIMG0285catclother.JPGhayabusaCIMG0286catclother.JPG

完璧なデッドでこのプライスなら、安いと思いますよわーい(嬉しい顔)

お問い合わせはお早めにexclamation
posted by Hayabusa at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

僕の宝物...

最近、昔のハードコアのお話しをしている方が、アクセスが多い事に驚いていますあせあせ(飛び散る汗)

ヴィンテージはマイナーな趣味だと思いますが、ハードコアの方が関心の有る方は多いんでしょうね?きっと...

そんな訳で、今日は若かりし頃、僕が聞いていたアナログ盤の一部をご紹介してみる事にしますわーい(嬉しい顔)

まだまだ有りますが、今となっては珍しそうな?レコードや、お気に入りのバンドをピックアップしてみました手(チョキ)わーい(嬉しい顔)

この中で一番のお薦めと言えば、AAレコードから出ているZOUOですexclamation×2

悟りの境地を極めた、お坊さんのお経の様に聞こえるサウンドは、身を清めてから聞いて頂きたい名曲NO POWERですexclamation×2

このレコードコレクションを見て、僕もラフィン好きでした〜!なんてコメントしないで下さいねわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
これ、珍しいだろうと言うだけで持っているだけですから...お薦め度 0%ですし、こんなのハードコアだと思っていたなら、もう一度色んなバンドを聞き直す必要が有ります。

まずはZOUOのNOPOWERとFrustrationを聞いて頂きたいと思いますexclamation×2
※ Frustrationは不法集会に収録されています。
ここをクリック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendid=1000964456

Frustrationなんて、今聞いてもとても芸術性が高い構成だと思いますよexclamationほんとにexclamation×2

hayabusaCIMG0546catclother.JPG

ZOUOを筆頭に、OUTOもカッコいいですよexclamation

NO WAY OUTが最高ですexclamation×2

他にはシティーインディアンなんかもお薦めです。

ここに紹介したレコードは、既に当時からレアでしたが、僕は高校二年生までに全て持っていましたので、変態って凄いと思いました!(ワイルドマン先生風に...)

※ 正確には、OUTOのNO WAY OUTとHALF YEARSのPOWER そしてJAPANESE MOVEMENT VOLUMEONEは88年のリリースですので、高校三年生の時に買っています。
他は全て17歳までに、既に聞いていたレコードです。
これでも、変態って記憶力が良いんです!
絶対間違ってないってば...

僕は変態を襲名する事にしましたわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)(勝手に...)

ちなみに、左上の12インチの坊主(Oi)の二人組の、首に手を回していらっしゃる方が、京都の不良のカリスマexclamation出路様でいらっしゃいますあせあせ(飛び散る汗)

このお方は、ビジネスでも大きな成功をおさめていらっしゃり、スピンズ系列の大親分さんでございやすexclamation

実は僕、HayabusaをOPENした当時、偉大な親分様に色々と相談を聞いて頂きました。

『カッコつけんととことんやれexclamation』とのアドバイスに、今日まで毎日、とことんヴィンテージ道を貫いております。
未だ雑魚の僕ですが、今度 京都へ帰ったら、あらためてご挨拶に上がりたいと思いますm(_ _)m


次は、僕がこよなく愛しているThe Misfitsのレア盤でも見せびらかしちゃおうと思いますので、お好きな人はお楽しみにexclamation&question

高校生の時、The Misfitsのレア盤を買うため、ラーメン屋さんの出前のバイトをして、一ヶ月のバイト代を一枚のレア盤にぶち込んでいました...あせあせ(飛び散る汗)

変態って働き者だと思いました!


posted by Hayabusa at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

2009年 夏 独り占め!

未だ肌寒い日が続いておりますが、今日はハワイアンシャツのご紹介ですexclamation

ヴィンテージはあまり季節に関係ないと言われていますが、実は服飾業界の中では季節のトレンドはとても遅いんです。

大体、春になってから春物を捜している様では、おしゃれさんとは言えませんよね?

ヴィンテージの場合、自分の好きなアイテムが出た時しか、買うタイミングが有りませんので、出た時勝負となります。

今日は思い切って、夏に先駆けてハワイアンシャツをご紹介いたしますexclamation×2


コレクター様からの放出と有って、抜群のコンディションを保っておりますので、安心して着用して頂けますよわーい(嬉しい顔)


Bardon/パイナップル柄 ハワイアンシャツ

実寸サイズ

肩幅 50.5cm

身幅(脇〜脇)63cm

着丈(襟下〜)72cm

174cm 63kgの僕が着て、少しゆとりが有りますので、身長170cm以上でがっちりした方にお薦め出来るサイズです。

コンディション
ニアミントコンディション

何も申し上げなければならない箇所は無く、極めて良好なコンディションを保っておりますexclamation

税込価格//99645円(94900円)

コレクターズコンディションですので、納得のプライスです。

フロント
hayabusaCIMG0369catclother.JPG

バック
hayabusaCIMG0372catclother.JPG


hayabusaCIMG0370catclother.JPG

タグ
hayabusaCIMG0371catclother.JPG


hayabusaCIMG0373catclother.JPG

着用画像
hayabusaCIMG0445catclother.JPG


今日は朝からバタバタしており、ご紹介する事で目一杯でした...あせあせ(飛び散る汗)

最近、又 忙しくなってきましたが、新商品のご紹介だけはさぼらずして参りますので、ご期待下さいexclamation&question

次回は40's アンクルサムのガチャポケ&チンスト付きシャツをご紹介する予定です手(チョキ)わーい(嬉しい顔)

でわでわダッシュ(走り出すさま)
posted by Hayabusa at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

休みを明けて...

皆様、毎日 沢山のお問い合わせ誠に有り難うございます。

実は、昨日 一昨日と休暇を頂いており、ご返信が遅くなってしまい、失礼致しました...あせあせ(飛び散る汗)

アポイントが入っていない限り、水曜日は基本的に休みを頂きますので、これからご了承下さい。

さて、今日はハワイアンシャツのご紹介を予定しておりましたが、上手く撮影する事が出来ませんでしたので、明日以降のご紹介となります...ほんとにスミマセン


この一ヶ月程の間、奥さんのPCが修理に出ておりましたので、好きな事を書いておりましたが、今日 無事修理完了?した様ですので、これからあまり好き勝手に書く事が出来なくなります...もうやだ〜(悲しい顔)

それにしても、先日のダイブ映像を見た方から、沢山のメールを頂いた事に驚きましたあせあせ(飛び散る汗)がく〜(落胆した顔)

80'sの後半、関西のハードコアシーンを見て来ておりますので、次の機会にでももっと面白いお話し?でもして差し上げようかと考えていますわーい(嬉しい顔)

それにしても、昔のバンドのメンバーは、今 一体何をして居る事でしょう...

少し心配でも有りますので、ご存知の方はお知らせ下さい。

YASUDAく〜〜んexclamation YOUく〜〜〜んexclamation

僕は京都でその昔、SUB NORMAL FEARと言うハードコアバンドのベースを担当しておりまして、ギターのYASUDA君 ドラムのYOU君と一緒に活動しておりました。

大した活動はしておりませんが...

色々調べていると、YASUDA君は一時 SxOxBのギターも担当していらっしゃった様ですね...誰か知っている人教えて...久しぶりに逢いたいわぁ...

YOU君は当時、BOMB THREATというバンドのドラムだったのですが、ヘルプでず〜〜っと叩いてくれていました。
むちゃくちゃカッコいいドラムを叩く先生でした...遠い目
今 何してんのかなぁ...

KGGMのドラムや、色々お手伝いされていた所までは知っているのですが、あれからどうしてんだろ?

おそらく、このBlog見つけても、僕が誰か判らないだろうから、名乗っておきますが、僕はぢゅんY@やぞ〜〜〜exclamation

っと、今日はあの人は今..的な展開となりましたが、昔のメンバーを捜していますので、誰か知っている方がいらっしゃりましたら、お知らせ下さい。

少年メリケンサックexclamationバリに、再結成したいと思いますexclamation&question

ほんまに再結成したら、皆で笑って下さいわーい(嬉しい顔)

Vintage & Vilenceexclamation&question なんちゃって...わーい(嬉しい顔)

次回は、ハワイアンシャツのご紹介と、京都のハードコアシーンに僕がいっちょかむ?事になったきっかけのお話しでもしてみたいと思います?

こんな所でお話しするつもりは無かったのですが、コレクターの方で当時のハードコアシーンを知っている方が思っていたよりも多いので、僕のイケイケだった頃のお話しでもして見る事に致します...わーい(嬉しい顔)
posted by Hayabusa at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

1989年...大晦日

今日も珍しく、4日連続のアップデートとなりますわーい(嬉しい顔)

日頃おつき合いさせて頂いているお客様の中には、ロカビリーが好きな方が多いのですが、何故か?僕もロカビリーが好きなんじゃないか?と良く聞かれる事が有ります。

先に申し上げておきますが、強いて好きな訳ではなく、詳しい訳でも有りませんので、コアなお話しは致しかねますわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

50'の服のお話しであれば、おつきあい出来る?位は嗜んでおりますし、色々存じ上げております。

僕が若かりし頃、情熱を捧げていたジャンルと言えば、ハードコアパンクやスラッシュですから、この辺のお話しであれば、深〜〜いお話しはさせて頂けるかも?しれませんわーい(嬉しい顔)

丁度この前、とあるお客様と80年代の関西 ハードコアシーンを知るお客様とお話ししたので、僕は思い出した様に 色々と昔にコレクションしたレコードや、YouTube見たりして、当時を懐かしんでいましたわーい(嬉しい顔)

そんな事をしていますと、僕がSxOxBxのライブでダイブしている映像が有りましたので、自己紹介も兼ねて貼付けておきます。

その動画を見て、19歳だった若き日の思い出が蘇ってきました...遠い目

30秒辺りで、ステージから勢い良くダイブしているのが僕です...ふらふら

ちなみに、着用しているMA-1は当然ヴィンテージで、TYPE-D/1970年製(バースモデル)に、履いているスニーカーは、ナイキ ソロフライトです。

ちなみに、この日 SxOxBxのVo.のとっつぁん(さん)が履いているスニーカーは、バンダルの黒でした。

何故 こんな事を覚えているかというと、僕がワゴンセールで売れ残っていたバンダルの赤xゴールドを格安でゲットしたのを見て、とっつぁん(さん)はとても欲しがっていらっしゃり、その後 三宮の靴屋さんでデッドのバンダル 黒xシルバーを見つけられた事を、自慢げにお話しされていたからですわーい(嬉しい顔)

この当時、スニーカーの中古を買う様な人は、誰も居なかった様に思います...

ついでに、この日 あのCITY INDIANが一日だけ復活したのを見に行った事を思い出しましたわーい(嬉しい顔)

当日出演するバンドののクレジットは、インディアンの名曲 『MAD SISTER』でした...

シティーインディアンの出番を待つ間、大晦日の西部講堂の外は寒く、たき火にあたっていると OUTOのブッチャー君が横にいらっしゃり、タバコを切らしているとおっしゃるので、僕のHOPEを差し出した事も覚えています...

その時、火を付けてあげようとライターに手をやると、自分がライターを取り上げ、僕の分まで付けてくれました...怖いながらも、ブッチャー君をリスペクトしていた僕に取って、とても嬉しい出来事でした...

ふとしたきっかけで、昔の思い出って思い出すものですね?

あの頃の友達は、今 一体何をしているのでしょうか?

僕がヴィンテージを、未だに愛している事を、彼等はなんと思うのかなぁ...と、ふと思いました。

今日はハワイアンシャツの掲載を予定していましたが、日記が長引きましたので、木曜日に掲載する事にいたします。

でわでわ...ダッシュ(走り出すさま)

posted by Hayabusa at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

20世紀少年!?

今日は珍しく、三日連続のアップデートとなりますわーい(嬉しい顔)

昨日の日記で、僕が正座させられた事について、予めこれを予言していた方がいらっしゃったのですが、現実におこった出来事は、正に20世紀少年の予言書の様に、ピタッリと言い当てていたのでした。

O川 さん『もしかして、父親の自覚があんのか〜?』とか言われませんでしたか?

との問いに、僕は冷や汗が出たのでした...あせあせ(飛び散る汗)

ええ、全く同じ事を言われましたですともexclamation×2

その時、僕は心の中でこんな事考えてたんですから...

『もちろん、父親の自覚は有りますよ』

『エンジンもビッグブロックだし、ブロワーまで搭載してるし、そんでもってボディーはヘンリーフォードオリジナルスティールだわさ...』

『これからホイール&タイア ブレーキも交換exclamation

『ワンオフのボンネットは既に出来てるし、暖かくなったらマウントするんだわーい(嬉しい顔)

『それが終わったら、ボディーワークしなきゃね?』

『スカジャン? 俺がスカジャンを何年追い求めていると思ってんだ? お前らより付き合いは長いんだぜ!』

『でも、お前達が一番大切さexclamation&question

っとね...


昨日書いた事は、20世紀少年の予言書を見ている様で、怖いものが有りましたが、これから更に怖い予言を頂いたのでした...あせあせ(飛び散る汗)

息子が生まれてからというもの、自宅の就寝時間は夜の8時となっていますので、僕は到底そんな早い時間に帰る事が出来ないでいます...

帰ったら、奥さんは起きていてくれるのですが、息子は寝ているので、帰っても寝顔しか見る事が出来ません。

予言の書の次のページを読んで下さったのは、O川さん(いまさらですが、伏せ字になってないし...)と言うHOT RODのお友達なのですが、O川さんのお告げによると、今後 子供と触れ合っている時間の長い奥さんと、そうでない僕の間で理不尽とも言える雷が落ちるそうです...がく〜(落胆した顔)

今回は、予めリスクを見越していますので、無事 逃げ切りたいと思っています手(チョキ)わーい(嬉しい顔)

いわゆるリスクヘッジですexclamation&question

っとまぁ、そんな僕の面白く無い日記はこの辺で止めておいて、今日はSUPER DUPER RAREexclamation×2な、ダブルV スウェットをご紹介致しますexclamation×2どんっ(衝撃)

それではご覧下さいませ...

ダブルV ツートーン/クレイジーレアカラーexclamation×2

しかもDEAD STOCKexclamation×2exclamation×2

今まで見た事も聞いた事もない、スーパーデューパーレアカラーでございますがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)

この様なカラーのダブルVスートーンスウェットの、しかもデッドストックでの入手は不可能でしょう...

税込価格//応談 お尋ね下さい。

大変高額ですが、ご希望の方には、出来る限り歩み寄るつもりですわーい(嬉しい顔)

でも、お気軽に買える様な価格ではないかも?知れません...あせあせ(飛び散る汗)

CIMG0737.JPGCIMG0730.JPG

明日は、コンディションが抜群に良いハワイアンシャツがございますので、そちらをご紹介させて頂く予定ですexclamation&question

乞うご期待exclamation&question
posted by Hayabusa at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

気が付けば...

もう二月ですね?あせあせ(飛び散る汗)

毎年この頃になると、富山は雪が積もっているのですが、今年は天気が良い日が続いています晴れわーい(嬉しい顔)

僕は京都出身ですので、大雪は苦手ですので、今年はハッピーな日々が続いております。

もう一つ毎年恒例となっている、長期アメリカ出張も行かず、会社事務所でひたすら仕事に打ち込んでいますので、家族と共に過ごせる時間を持つ事が出来、こちらもハッピーな日々が続いております。

さてさて...

新商品は山の様に入荷しているのですが、中々 アップデートする事が出来ず、更新を楽しみにして下さっているコレクター様には、ご迷惑をおかけ致しております...あせあせ(飛び散る汗)

今日は最後に、ボウリングシャツを掲載しておきますので、是非 ご覧になって下さい。


話は戻りますが、家族と共に過ごせる時間が...と、先程 申し上げているのですが、休みで家に居ても仕事をしていますので、この前の休みの日に、奥さんに思いっきり怒られました...あせあせ(飛び散る汗)

休みの日に、息子を一度もだっこしなかったのが気に入らなかった様で、殺されるか?と思う程の雷が落ちて来たのでした...雷

廻りの友人には、子供が出来たら嫁の雷には気を付けると忠告されていたのですが、こんなに恐ろしいものだとは、想像も出来なかったですよ...もうやだ〜(悲しい顔)

お気に入りのツートーンパーカー(レギュラー)は引きずられてボロボロになり、正座させられたのですから堪ったもんじゃ有りません。

女って、本当に怖いですから、皆さんお気を付けて下さい...


最後となりましたが、お待ちかねのヴィンテージのご紹介です手(チョキ)わーい(嬉しい顔)


ボウリングシャツ/WOODY

タグ 表記 DUCK#1 GATE YOKOTA A.B. MADE IN JAPAN

実寸サイズ

肩幅 47cm

身幅 55cm

着丈(襟下〜)70cm

M-L相当

レーヨン製

コンディション
もしかしたら、一度くらいドライクリーニングしてある可能性も有りますが、デッドストックと言える、ミントコンディションです!!

ウッディー ウッドペッカーの顔が大きく刺繍されている、ボウリングシャツではスペシャルと言える逸品です!!

ベタ塗りのアニメのキャラクターを、手振り刺繍で再現していますが、現代のコンピューターミシンによる刺繍とは、遥かに出来が異なっている事を確認して頂けるかと思います。

これだけコンディションの良好な、同クラスのボウリングシャツは滅多に出ませんので、自信を持ってお薦め致します!!

※ 照明の関係で、実物よりも薄く写ってしまっておりますが、3枚目 4枚目の色が実物と同じ色でございます。

税込価格//135450円(129000円)

フロント
hayabusaCIMG0399catclother.JPG

バック
hayabusaCIMG0396catclother.JPG

刺繍アップ
hayabusaCIMG0397catclother.JPG

さらにアップ
如何ですか?凄く緻密な刺繍でしょう?わーい(嬉しい顔)
有りがちな、ワッペンの様な堅い刺繍ではなく、ヴィンテージ特有の柔らかいフィーリングですexclamation×2
hayabusaCIMG0398catclother.JPG

posted by Hayabusa at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

The 30's

今日は珍しく、予定通り 新商品のご紹介をさせて頂きますっexclamation×2

無駄話はせずに、一気にご紹介して参りますので、ご覧下さいわーい(嬉しい顔)

ではどうぞっexclamation×2

SWEET ORR カバーオール/ダークネイビー

実寸サイズ

肩幅 40cm

身幅(脇〜脇)48cm

袖丈(肩〜)65~66cm

着丈(襟下〜)72cm

38相当

コンディションン
白いSWEET ORRのタグの下に、大きな紙タグが付いていた様ですが、ステッチしか残っていません。

NO WASH!!

とても珍しいジャケットだと思います。
シルエットがとても細く、オリーヴカラーのSWEET ORR刻印入りチェンジボタン〜カフスはSWEET ORR刻印入り打ち込みドーナツボタンです。

胸のポケットがボタン三つに掛かる程の大型なものが付いており、面白いディティールだと思いますよ。

税込価格//250950円(239000円)
フロント
SOR.0,JPG.JPG

バック
SOR9.JPG

ハフス/打ち込み 刻印入り ドーナツボタン
SOR8.JPGSOR7.JPG

大型のポケット
SOR6.JPG

タグ/SWEET ORR
白いタグの下に、大きな紙タグが付いていた形跡が有りますが、ステッチのみ残っています。
SOR5.JPG

ボタン裏/チェンジボタン
SOR4.JPG

オリーブにペイントされた、大型のSWEET ORR刻印入りのボタンが付いています。
SOR3.JPG

タグのアップ
SOR2.JPG

ピンストライプ/カバーオール 全てチェンジボタン

実寸サイズ

身幅(脇〜脇)55cm

着丈(襟下〜)69cm

36 or 38相当

コンディション

袖に一カ所、タタキ補修が有ります。

全体に色が抜けていますが、カッコいい感じの色抜けだと思います。

税込価格//99645円(94900円)

フロント
pin0.JPG
バック

pin.7.JPG

ポケットアップ
pin.3.JPG

ボタンアップ/機関車 チャンジボタン
pin.4.JPG
pin.5.JPG

袖(肘)リペアー
pin.6.JPG

リペアーアップ/タタキ補修
pin.8.JPG

カフス/機関車 チェンジボタン
pin.9.JPG

ショールカラー A-1 TYPE ウールジャケット/ゴムリブ付き

実寸サイズ

肩幅 45cm

身幅(脇〜脇)51cm

袖丈(肩〜)59.5cm

着丈(襟下〜)61.5cm

36相当

第三ボタンが交換されています。
ダメージやリペアーは一切無い事から、年代を考えるとベルーグッドA+〜エクセレントだと思います。

ゴムリブが付いていますので、とても古いジャケットです!

SOLD!!

フロント
1a1.JPG

バック
a15.JPG

ウェスト ゴムリブ
a12.JPG

上から三番目のボタンが交換されています
a14.JPG

タグの形跡/大型の紙タグの欠片が残っています
a13.JPG

1939年 LEVI製 シャツジャケット/ウェストベルト付き

SUPER DUPER RAREexclamation×2

表記サイズ 20

実寸サイズ

肩幅 42cm

身幅(脇〜脇)56cm

袖丈(肩〜)57.5cm

着丈(襟下〜)68cm

36相当

コンディション
後 左肩付近に、1cm x 6mmの小穴が有ります。
右肩 縦に9cm裂けた箇所を、リペアーしてあります。
トップボタン欠損〜第三ボタンが取れていますが、ボタンは有ります。
お引き渡しの際、取り付けておきます。

全体的に見て、グッドです。

コンディションは、服と見た場合 あまり良く有りませんが、ヴィンテージコレクションとしてみれば、希少性を考えると相当レアなコレクターズアイテムだと思いますので、決して高く無いと思います。

ばっちりハマる方には、安いと思いますよわーい(嬉しい顔)

税込価格//135450円(129000円)

フロント
web1CIMG0178_small.JPG

バック
levis4545.JPG

タグ
liv4.JPG

ウェストバックル
lvi3.JPG

ボタン
良く有りがちなボタンですので、気長に待てば同じボタンでリペアーは可能だと思います。
ですが、この様なリーバイスのジャケットは、まず見つからないと思いますわーい(嬉しい顔)
livl6.JPG

トップボタン欠損
livi5.JPG

1939 INTERNATIONAL EXPOSITON
vli7.JPG

明日から二日間、お休みを頂きますので、お問い合わせはメールにてお願い致します。
お電話でのお問い合わせには、一切お答え出来ません事、予めご了承下さい。

2月5日(木曜日)以降の掲載予定は...

この様に、半袖の刺繍モノの上物が集まっていますので、ボウリングシャツ系を掲載する予定?ですわーい(嬉しい顔)

ご希望のアイテムがございましたら、まずは お問い合わせ下さいませ。

お問い合わせ下さった順番に、お取り引きさせて頂きます。

それでは二日間 お休みを頂きます...サーセンッあせあせ(飛び散る汗)
はやYぶ.JPG

posted by Hayabusa at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

愛妻弁当...

お久しぶりです手(パー)わーい(嬉しい顔)

最近、アップデートする度に口にしていますね...あせあせ(飛び散る汗)

新商品の方も、何の予告もしておりませんでしたが、スペシャルを一気出しexclamation&questionさせて頂く予定ですので、ご期待なさって下さい手(チョキ)わーい(嬉しい顔)

今日中に、Blogにチョイ出し? HPのTOPに大雑把に掲載する予定です??


話は変わりますが、僕は午前中から仕事をしているのですが、大体 昼食をとるのは夕方4:00頃になります。

何かと昼は忙しく、電話やメールの対応で追われているからです。

おかげさまで、忙しくさせて頂いておりますわーい(嬉しい顔)

お探しのアイテムなどございましたら、お気軽にお尋ね下さいねexclamation


話が逸れまくっていきそうですが、今日はそんな僕の昼食から、色々 想像していったお話しです...

僕の昼食は、毎日 奥さんの作ってくれるお弁当ですわーい(嬉しい顔)

元々 僕は宮大工の職人でしたので、その間も奥さんは毎日 作ってくれている事を考えると、僕の体の殆どは 奥さんのお弁当によって作られている様な気がします。

今では、弟子のお弁当も作ってくれていますので、とても感謝しています。

持ち運びの容易なお弁当箱に、栄養価を考えて毎日創作されるお弁当ですが、実は日本が世界に誇れるカルチャーで有る事をご存知でしょうか?

アメリカでは、ハンバーガーなど 超 合理的な食べ物で、時間を節約するビジネスマンやワーカーが多いでしょう?

僕はお弁当の方が、断然 KOOL!だと思います。

バンズにハンバーグ、野菜やケチャップをぶっかけた『ブツ』を無理矢理挟み込み、紙に包んで食べる『それ』は、決して上品な食べ物には見えないからです。

僕は今まで、ヴィンテージの事を散々お話しして来ましたので、全てカルチャーという大きな背景が有る事は、皆さんご存知かと思いますが、そのカルチャーで最も奥が深いのが『食』だと僕は思っています。

中国やフランスの様に、歴史の長い国には必ず 単に食べると言うだけでなく、見た目の美しさや味の奥深さが有ります。

それは、長い時間をかけて、食べると言う事を追求した人がいたからだと思います。

歴史の浅いアメリカでは、未だそこまでの域に到底達しているとは思えません...

そう考えると、毎日当たり前のように食べているお弁当が、もの凄いものだと言う事がお判り頂けたかと思います。

手づかみで食べる『それ』と、お箸で食べるお弁当では、絶対にJapanese styleの方がKOOLでしょ?わーい(嬉しい顔)

持ち運びし易い様にコンパクトにまとめられたお弁当箱は、正にアートですexclamation

その、お箸で食べるという事も、とてもKOOLだと僕は思っています。

例えば、スタッフを初めてアメリカに連れて行く際、英語なんて勉強する前に、箸の正しい使い方から僕は教える様にしています。

異国の人とコミニュケーションをとる場合、言葉が一番重要だと考えている人が多い様ですが、これはNOexclamationです。

まず、僕はスタッフに、日本人としての『立ち振る舞い方』を勉強してもらいます。

例えば、フレンチでもブレックファストでも何でも良いのですが、アメリカ人と食べに行ったとしましょう。

そこには箸は有りませんよね?

幾らテーブルマナーを学んだとしても、絶対に彼等の方がナイフやフォークを上手く使いますし、カッコ良く決まっているものですわーい(嬉しい顔)

何故ならそれは、カルチャーだからです。

でもそれを逆に考えてみると、彼等のフィールドであるナイフとフォークを使うテーブルで、とても下品に食べる相手だったとしたら...?

少しがっかりしませんか?わーい(嬉しい顔)

取引先なんかの場合、彼等は気を使って日本食に連れて行ってくれたりする事が多いので、そこで僕たちが箸を正しく使えなかったら、とてもかっこわるいので、僕は箸の使い方をスタッフに教える様にしています。

チョップスティックさえ有れば、何でも奇麗に食べる事が出来ると言う事は、異文化の人から見れば、華麗にナイフとフォークで、上手く料理を口に運ぶのと同じだからです。

僕はそんな彼等を、とてもカッコいいなぁ...と思いますし、リスペクトが生まれますわーい(嬉しい顔)

彼等にしてもそうだと思います。

これで、如何に箸の使い方が重要か?お判り頂けたかと思いますわーい(嬉しい顔)


アメリカのHOT RODや服のカルチャーが大好きですわーい(嬉しい顔)

日本人としての誇りも持っています。

今日もそんな愛妻弁当を食べて、仕事を頑張りたいと思いますわーい(嬉しい顔)


奥さんありがとう...


後程、新商品をBlogで先行して掲載致しますので、しばしお待ち下さいね手(パー)わーい(嬉しい顔)

we will talk soon!!

web1CIMG0153_small.JPG

posted by Hayabusa at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする