最近の記事

2008年05月27日

コレクター魂!! 続編

今日は、皆様に一冊の本をご紹介したいと思います。

このBlogをご覧の方の多くは、ヴィンテージコレクターだと思います。

そんな事も有り、コレクターが読んで面白い本ですわーい(嬉しい顔)

本のタイトルは...

世界最高額の切手「ブルー・モーリシャス」を探せ! コレクターが追い求める「幻の切手」の数奇な運命

ヘレン モーガン著

その内容は、もの凄い知識と検証に基づいた内容となっているのですが、そんな事より僕たちコレクターは、この本を読んで何か考える事が必ず有ると思いますexclamation×2

読書感想文も兼ねて?コレクターであり、ディーラーである僕の感じた事を書いてみる事に致します...

もしかしたらこの本の中には、貴方にそっくりなコレクターも登場しているかも知れませんよわーい(嬉しい顔)
少なくとも、お客様に良く似たコレクターも登場していましたし、あんな風になりたいなぁ...と言える、ディーラーが登場して居ましたよわーい(嬉しい顔)

まぁ、騙されたと思って読んでみて下さい。

さてさて...

ブルーモーリシャスと呼ばれる、世界最高額の切手のヒストリーなのですが、全くその取引や評価の認知のされ方など、ヴィンテージクロージングにそっくり当てはまっていますわーい(嬉しい顔)

要は、誰がどのように価値を見出し、それを認知させたか!
そして、時間とともにその価値は大きくなり、幻とまで言わるのです。
その過程で、あらゆる思惑が働き、新しい価値観に物言いを付ける人も居れば、ひたすらに自分の美学にのっとって、生涯コレクターとして全うする人も居ます...
誰が価値を決めたのか?
それは後に書く事に致しますが、答えは簡単ですわーい(嬉しい顔)

現在のヴィンテージでも、同じ様な事が言えるでしょう?わーい(嬉しい顔)
僕は何時も、自分の判断に迷いが生じた時、この様な歴史から学ぶ事にしています。

このブログを始めた頃は、お客様や自分自身を指して、コレクターと呼ぶには少々抵抗が有ったのですが、今ではコレクターと言う生き方であり美学が、少しは認識出来た様な気が致します。

誤解しないで頂きたいのは、スカジャンを10枚以上持ていればコレクターで、それ以下ならそうでないとか、所有している枚数で決められる事では有りません。
何れだけスカジャンならスカジャンに没頭し、情熱を捧げる事が出来るか?だと思います。

それは、最初からスカルやプリントが欲しいと思わないでしょうし、欲しいと思っていても、その価値を受け入れる事が出来ないと思います。

情熱を捧げ続けた結果 判る事であって、幾ら僕が説明しても決して理解出来ないと思います。
スカジャンで言うなら、ファスナーの細かな違いを追求するのも良いですが、スカジャンの美しさの全ては、背中に集約されていると僕は思いますので、バックピースをまずはご覧になれば如何でしょう?

コレクションという行為は、情熱と知識とお金がなければ継続する事が出来ない、とても高貴な趣味だと思います。
その中で、何れがかけてもコレクションは達成されないと思います。

たったこの三年間だけでも、それだけ価値観が進化したと、僕はこの世界に身を置いて実感しています。

ヴィンテージをあくまで『衣料』としてしか認識出来ないなら、おそらくはこの世界から遠く離れたポジションをとらざる得ない!?

今までの希少価値が築き上げられたヒストリーを読み取ると、これは断言出来るものだと思います...

今まで何度聞いた事でしょう...?

『昔はもっと安かった...』



この本の中で、心に残ったフレーズが有りました...

それは、第十章 『大物狙いのコレクター』の一説です

『手の届かないところを自由に疾駆する理想だけが、狩るに値する獣だ。
コレクターならそのことをわかっている。』

コレクターの不思議な感情を指しているらしいのですが、コレクターの皆さんなら、この意味がお判りになるでしょう?わーい(嬉しい顔)

第十一章『モーリシャスの切手に夢中』にはこんなフレーズが...

上で書いた、誰が価値を決めたのか?
その答えがここに有りましたわーい(嬉しい顔)


『.....価値を与えるのはコレクターだよ。コレクターが血眼にならなければ価値はゼロだ。ではコレクターはなぜ価値を与えるのか?それは第一に珍しいからだ。ほかに誰ひとり持っていない、あるいはほとんど持っていない切手の持ち主になれる...』さらにこの言葉は続くのですが、ここから先の言葉は、僕の意見と少し違うとだけ言っておきますわーい(嬉しい顔)

本のあらすじを、ここで書く訳にもいきませんので、今日はここまでにしておきます手(パー)わーい(嬉しい顔)

最後に...

僕はこのハワイアンシャツを、現段階では世界最高額で買付けていますどんっ(衝撃)exclamation×2

事実上、これが世界最高額のハワイアンシャツですどんっ(衝撃)exclamation×2

ここ最近のハワイアンシャツの暴騰とも言える価格でさえ、この百虎の足下にも全く及んでいませんexclamation×2
そして、超えられるだけのハワイアンシャツは、他に無いと言っておきます...

世界最高額の切手は、『ブルーモーリシャス』と言う美しい表現がされていますが、このハワイアンシャツは、『地獄の百虎』が似合っていると思いますわーい(嬉しい顔)

地獄絵巻に蠢く百虎の美しさと希少価値を手に入れるには、世界最高額でしか手に入れる事は出来ませんわーい(嬉しい顔)

価値を与えるのは、思惑では無くコレクターです...


近日中に、Hayabusaウェブサイトに掲載致しますので、皆さんそれぞれ楽しんで下さいませわーい(嬉しい顔)

それは伝説となるでしょう...

オモローexclamation


HP3HP3CIMG7307_small_small.jpg
posted by Hayabusa at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

掲載予定...気合い入れました!? の巻

今日は、気合いを入れて、僕のコレクションも含めた、近日掲載予定のアイテムをご紹介致しますexclamation×2


Harley T-shirts/NAKED LADY & SKULL WING

CRAZY RAREどんっ(衝撃)exclamation×2

フロント
web1CIMG8144_small.JPG


バックプリント有りexclamation
web1CIMG8150_small.JPG


着用画像
web1CIMG8191_small.JPG


まだまだ行くぜどんっ(衝撃)exclamation×2

スカジャン/鷹 (レアパターン)
web1CIMG8117_small.JPG

フロント
この胸の鷹が刺繍してあるスカジャンは、レアなパターンやカッコいいスカジャンが多い様に思います。
web1CIMG8114_small.JPG

着用画像
web1CIMG8186_small.JPG

フロント
web1CIMG8185_small.JPG

カークラブジャケット(フロッキープリント)

これは明日ダッシュ(走り出すさま)あせあせ(飛び散る汗)exclamation&question

でわでわ...



posted by Hayabusa at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

ラストラン...

昨夜、横浜のデュースファクトリーに、グラフィティーを引き取りに行ってましたわーい(嬉しい顔)

異業種の同じ趣味を持つ方達とのディナーは、とても楽しい時間となりました

MOON CAFEにて...
HP3CIMG7974_small.JPG

こっちはパーキングゥ〜にて...
HP3CIMG7970_small.JPG

午後11時 横浜出発〜16号にて
この様に、チョップしてあると、信号は見えませんわーい(嬉しい顔)
HP3CIMG7976_small.JPG

八王子〜圏央道にて...
トンネルの中で、響き渡るサウンドが最高なのですexclamation×2
HP3CIMG7977_small.JPG

圏央道〜関越道〜上越道を、ひたすら走ります...
上越道の一部、単線だったのですが、重機の運搬車に遭遇あせあせ(飛び散る汗)
グラフィティーは、60km~80kmくらいで走るのが、回転数を合わせにくいので、ずっとセカンドで走ります...
燃費も一気に悪くなるので、GSも当分なさそうなこの道は、ちょっと冷汗ものでしたあせあせ(飛び散る汗)
HP3CIMG7978_small.JPG

富山 インターに着く頃には、夜も空け始めていました...
HP3CIMG7979_small.JPG

無事、砺波インターに到着exclamation
垂直のシールドには、無数の虫が...
HP3CIMG7981_small.JPG

これで、グラフィティーデュースとの、最後のクルーズは幕を閉じました...

思い残す事が無いと言えば嘘になりますが、思う存分楽しめた6年間だったと思います。

次はどんな相棒が、僕の人生を楽しませてくれるのか?

これを励みに、仕事も頑張って行きたいと思いますexclamation×2


と言う訳で、明日からも新商品の掲載を致しますので、乞うご期待exclamation×2
(僕のコレクションの中から、とびっきりのアイテムを放出する予定ですexclamation&question
posted by Hayabusa at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

Deuce Coupe 2

フォードB型...

1932年の、たった一年しか作られなかったのにも関わらず、HOT RODの世界では絶大な人気が有る、究極の名車ですわーい(嬉しい顔)

人は皆、32年の2を指して、DEUCE(スペイン語の2/ドス)デュースと呼びます...



明日はデュースの車検が終わったので、横浜まで引き上げに行く事に致しますわーい(嬉しい顔)

実質、これが僕とグラフィティーとの、ラストランとなる事でしょう...

この先、僕がどんな人生を送る事になっても、決して忘れる事は無い一日となる事だけは確かですexclamation&question

こんな日も珍しいので、思う存分楽しみたいと思っていますわーい(嬉しい顔)

もの凄く話はそれますが...

先日 僕は血液型を調べて来ましたわーい(嬉しい顔)
ついでに色んな事も...あせあせ(飛び散る汗)(怖いぞ〜〜...あせあせ(飛び散る汗)

母親からは、『あんたは私に似てるから、きっとB型や』と聞かされ、自分もB型だと思い込んで生きて来ました。

そう、デュースですわーい(嬉しい顔)

『きっとB型や...』このはっきりしない言葉に、どうも納得がいかずに38年間も過ごして来たのですが、とうとう調べる事にしたのです。

僕の性格は、 神経質すぎる程に細かい事を考える癖が有ったりします。

今まで大きな怪我をしたりしても、輸血をするまでもなかった事から、調べた事無かったんですよ...あせあせ(飛び散る汗)

その結果...

僕はA型(エース)でした...わーい(嬉しい顔)


人間がA AB Oの三種類で判断なんか出来る訳は有りませんが、大雑把に見たとき、まんざら間違っていない様な気がしますので、僕は参考にしていますわーい(嬉しい顔)

前に アメリカ人のディーラーが『何故 日本人は血液型を聞くんだ?』と、とても不思議そうに尋ねられた事が有りますが、血液型で性格を判断するのは、世界ではとっても珍しい事なんですよ。


今日の日記は、何時もにも増して話にまとまりが有りませんが、結果 A型だったと奥さんに告げると...

『今までB型だと思って許せた事も、これからは許せへんなぁ...』との事です

コワヒ コワヒ...

一体何を書きたかったのか?自分でもさっぱり判らない内容になりましたが、明日はゆっくり寝て、夜に横浜に着く予定です。

そして、真夜中のハイウェイを、デュースでクルージングです手(チョキ)

Good luckexclamation×2

お知らせ...
Hayabusaは、アポイントがない限り、毎週水曜日が定休日となっておりますので、お電話でのお問い合わせには、対応出来ません事、ご了承下さいませ。

posted by Hayabusa at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

コレクター魂!!

さて、今日は僕がコレクター魂を感じたお話をしてみたいと思います...わーい(嬉しい顔)

いきなり刀の話で申し訳有りませんが...

刀には、大きく分けて三種類有るのですが、古い順番に 古刀(ことう)新刀(しんとう)新々刀(しんしんとう)と大別しています。

古刀とは、平安から鎌倉にかけて〜新刀は慶長以降〜新々刀は幕末に作られたものを言います。

これ以上、刀のうんちくを知りたい方は、ここではお話ししませんので、ウィキペディアででもご参考になって下さいわーい(嬉しい顔)

さてさて...

新々刀の新しい時代の刀に(日本刀の世界で...)、清麿と言う刀が有るのですが、現在最も評価の高い刀工の一人です。

上で説明した様に、時代的にはとても若い部類に入るのにも関わらずです...??

これには理由が有り、出来が素晴らしいのは当然ですが、実はある一人のコレクターがここまで評価を上げたんですわーい(嬉しい顔)

元は一人の『清麿』コレクターが、その美しさに魅せられ、ひたすらに集めたと言います...

そして、東京に清麿という専門店まで作ってしまうのですわーい(嬉しい顔)

簡単に言うと、清麿が高すぎるまでに評価が高いのは、この様な理由なんですねわーい(嬉しい顔)

な〜〜んだ...と思うかも知れませんが、コレクターの世界では、この様な事が評価を決める大きな要因となっているのですexclamation

更に、今ではそのコレクターが持っていたと言う付加価値まで付いていますわーい(嬉しい顔)

僕は若い頃、この話を読んでとても感銘しましたわーい(嬉しい顔)

道楽も極めれば、世の中の価値観さえ動かすんだなぁ...って

俺はスカジャン屋でもしてみるかexclamation&questionっと、考えなかったはずは有りませんわーい(嬉しい顔)

現実はというと、こんな夢の様な話でも実現してしまう事が有るので、世の中面白いですね?


何故、こんな話をしたかと言いますと、仕事柄 取引させて頂いている方の殆どが、コレクションに、もの凄いモチベーションを持った方ばかりなんですね!わーい(嬉しい顔)

(この期待に答える為、僕はとっても苦しい事が有るのですが...あせあせ(飛び散る汗))

こんな田舎で、しかもアポイント制という事も有り、実際にお逢いした事が無いのに、沢山のお取り引きをさせて頂いている訳ですが、先日 とあるコレクター様が、自己紹介を兼ねて、コレクションの写真を送って来て下さったんですわーい(嬉しい顔)

きっちりと整頓された棚には、その方の美意識が詰め込まれているかの様で、興味の無い人が見たとしても、きっと何か思う事が有ると思う事でしょう...

同時に、僕はその写真を見て、こういう方が評価を決めていらっしゃるんだろうな...と思いましたあせあせ(飛び散る汗)

その光景は、何とも美しく、僕の心を揺さぶったのでした...

この世界の価値観や美意識は、何時の時代も熱狂的なコレクターが、後世に伝えているののです...と言うお話しでした。



とことん行きましょうexclamation×2



posted by Hayabusa at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

今夜掲載致します...

今夜、ビッキーズファニー オンラインショップに、ターミネーター/キャンバス(デッドストック箱付き)〜Lee センター赤タグ W32を掲載致しますわーい(嬉しい顔)

バックヤードでは、先行してご紹介致しますね!

’85 NIKE ターミネーター/キャンバス

表記サイズ 9 1/2

コンディション デッドストック!!(箱入り) 箱に石膏の様なものが付着しています。箱の角が破れている箇所が有ります。

税込価格//124950円(119000円)
web1CIMG8007_small.JPG

なんと!当時バーゲンセールされたであろう、プライスがスタンプされていますあせあせ(飛び散る汗)
web1CIMG8008_small.JPG

中身も箱も、マッチングしています!
web1CIMG8009_small.JPG

次は...

Lee 101 B/センター赤タグ 

実寸サイズ

W 32 (82cm)

L 34 1/4(87cm)

全長(アウトシームで計測)116cm

税込価格//82950円(79000円)

これは激安ですどんっ(衝撃)exclamation×2
web1CIMG8013_small.JPG

R MRマーク無し
web1CIMG8015_small.JPG

センター赤タグ
web1CIMG8016_small.JPG

又割
web1CIMG8017_small.JPG

二点とも、激安だと思いますので、ご希望のコレクター様は、お早めにご連絡なさって下さい手(チョキ)


さてさて...
今日は、前回の買い付けでデュースファクトリーに遊びに行った際、撮って来た写真でもご覧になって下さいわーい(嬉しい顔)

ドラッグレーサー系のTシャツなど、ヴィンテージアイテムでは人気のカテゴリーですが、実際のドラッグレーサーは、一体どうなっているのか?は、殆どの方は見た事が無いかと思います。

コックピットを見てみましょう...
web1CIMG7721_small.JPG

たったクウォーターマイル(400m)走るだけに、命をかけるとこうなるんでしょうね?
web1CIMG7736_small.JPG

ハンドルは、小さいのなんの...
gandd.JPG

アクセルなんて、無言で『死んでも踏み続けろ!』と聞こえて来そうですね?...あせあせ(飛び散る汗)
web1CIMG7735_small.JPGweb1CIMG7723_small.JPG

FIREって何よ?
このボタンやスイッチを、400m走る間に全部使うのかと思うと、とても忙しいんですね?
web1CIMG7739_small.JPG

じゃんじゃん写真とっていいよ!なんて言ってくれたのですが、エンジンなんかは企業秘密だと思いますので、車はここまでにしておきます...

見慣れたデザインでしょう?わーい(嬉しい顔)
Hayabusaには、当時のスウェットやTシャツが有りましたわーい(嬉しい顔)
見覚えの有る方もいらっしゃるかと思います。
web1CIMG7732_small.JPGweb1CIMG7718_small.JPG

カークラブの、プラークも...
web1CIMG7719_small.JPG

如何でしたでしょうか?
これが本場のドラッグレーサーです。

マイフリーダムには、ホットロッド系カルチャーが、ほんの少し紹介されていますが、いわゆるこれが、アメリカ文化な訳ですexclamation

ワーク系や、50’s USN AAFもアメリカの文化そのものなのですが、ドラッグレーサーやHOT RODも、僕たちアメリカ好きには、堪らない世界が有るでしょう?

ハーレーやドラッグレーサーは、完全に白人文化で、ローライダーなどはヒスパニックや黒人さんのカルチャーですわーい(嬉しい顔)

今まで、ロッダーに乗った黒人さんは、一度しかアメリカで見た事が有りません...

日本人の僕には、深い意味まで判りませんが、ふと気が付いた事が有るのです...
何故かリンカーンは黒人さんが乗っています?
何故なんでしょうか?(誰か教えて!)

っとまぁ、僕たちが愛してやまないヴィンテージの世界は、アメリカのカルチャー&ヒストリーそのもので、音楽やファッションなどと、直結しています。


話だすと長くなりますので、今日はこの辺で...

Bye手(パー)
posted by Hayabusa at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

HOOK LESS SWEAT SHIRTS

今日は、ウール製 ツートーンスウェット/HOOK LESS付きを、ご紹介致しますexclamation×2

My Freedamn! 5 P18 に掲載されている、オンブックアイテムですどんっ(衝撃)exclamation×2
web1CIMG7973_small.JPG

HOOK LESS/表
web1CIMG8001_small.JPG

HOOK LESS/裏
web1CIMG8000_small.JPG

このスウェットは、前回の買い付けの際に、所有者の都合で持って帰る事が出来ず、今回 送ってもらったのですが、少し面白いエピソードが有りましたので、お話し致しますねわーい(嬉しい顔)

このスウェットだけを発送してもらったのですが、このクラスは数千ドルですので、正直に申告をしたのですが、案の定 通関検査に引っかかった訳です...あせあせ(飛び散る汗)
(スウェット一枚くらいなら、関税がかからない様なテクニックは幾らでも使えるのですが...)

トランスポートから電話が有り、中身はヴィンテージのスウェットで間違えないですか?との質問に、僕は間違え有りませんと答えたのですが、『何故こんなに高いのか理解出来ない!?その理由を説明してくれ』と言います。

フックレスが付いているから...とか、ツートーンカラーでしょ?とか、マイフリーダムのオンブックだとか...なんて言っても、どうせ判らないんだろうな...と頭を巡り、結局僕はこう言いました...


僕 『高額なものを、正直に申告しているのだから、いいんじゃないの?』

『もっと安く申告したって判らない所を、正直に申告したんです』

『納得して頂けないのなら、20ドルでも良いんですけど...』


そしたら...
『それもそうですね...あせあせ(飛び散る汗)

との事でしたわーい(嬉しい顔)

税関の鼻を明かした様で、面白かったのですが、商売としては全く割りに合わない結果になりましたたらーっ(汗)


余談ですが...
先日、デュースクープを売却したとお話ししたでしょう?
直ぐに次の車を捜しているのですが、売った値段では既に買えなくなっている現状でした...たらーっ(汗)

車は趣味ですので、相場などあまり気にした事が無かったのですが、この6年程の間だけでも、限りの有るものは全て高騰している様に思います...
ガソリンも凄く上がっていますもんね?
10年前の倍位ですよあせあせ(飛び散る汗)

今のヴィンテージ市場はと言うと、ひたすらレアなアイテムだけに、需要が集中している為、同じカテゴリーであっても、アイテムによって格差が生じています。
一昔前なら、雑誌で紹介され認知度が上がり、需要が増えるという、誰にでも判る『相場感』が体感出来ましたが、現在は雑誌で驚く程レアなアイテムは、ディーラーのコレクションとして掲載されるだけで、実際に市場に出回る様な事が皆無ですので、市場に出たときに驚かれる様な価格となります。
ハイエンドなアイテムはだけは、どんな世の中でも捜されている方がいらっしゃるのです。

これから増々、レアなアイテムに限っては、入手が困難になる事だけは間違え有りませんので、本当に所望なされるなら、お見逃しにならないで下さいあせあせ(飛び散る汗)
僕の経験上、この手の相場は決して崩れるものでは有りません....

僕のコネクションを駆使して、この先フックレス付き/ツートーンは、市場に出る個体は有りません...

今回のスウェットは、最後の大物と言えますどんっ(衝撃)exclamation×2

コレクター様は、このチャンスをお見逃し無くexclamation×2



さて、ビッキーズファニーでは、激安商品をご紹介致しますのので、必見ですよexclamation×2
( 難ありで安い訳では有りません 手(チョキ)わーい(嬉しい顔)


posted by Hayabusa at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

Deuce Coupe

前の記事にも書いていた様に、一昨日〜昨日と デュースクープの車検を兼ねて、横浜のデュースファクトリーさんまで行って来ました。

午後0時、いざ出発exclamation×2
deuce.JPG

道中、ガソリンスタンドにて...
deuce3.JPGdeuce2.JPG


アクセルを思いっきり踏んで走る事こそ、僕はHOT RODの醍醐味だと、この小旅行で確信しましたわーい(嬉しい顔)

夜のハイウェイは、とても静かなので、吸気音〜排気音が風の雑音と混じって、とても心地よかった事が、今でも僕の体が覚えています...

これこそが、ロッダーとデュースが一つになる瞬間なのですどんっ(衝撃)exclamation×2

今日の日記は、単にヴィンテージが好きな方には、あまり理解して頂けない内容となる事が予想されますが、我慢して読んで頂きたいと思います。
(今日ばかりは、どうでもいい事を沢山書きますが、どうしても読んで頂きたいと思います)




静まり返ったハイウェイを走る中、今まで考えた事も無い様な事が、走馬灯の様に頭の中を駆け巡りました。

それは、これを買う為に何れだけ仕事を頑張った!とか、納車の日 初めて乗った時の気持ちとか、商売が上手くいっていない時、犬の散歩の途中 あの車が現金だったらなぁ..なんて考えた時も有ったなぁ..とか、キャブのセッティングが上手くいかず、テンションが下がりっぱなしで仕事もろくに手が付かなかったなぁ...とか、アメフェス行ったな...とか、お客さんが俺も何時かは!なんて言ってんの聞いて、少し優越感を持ったなぁ...とか、もっと嫁さんを乗せて色んな旅をして見たかったなぁ...とか...

何故、売るって決めたんだろう...とか...たらーっ(汗)

忙しく仕事をする毎日で、少し立ち止まって考えさせられた様な...そんな瞬間で有った様にも思います...


タイトルは、スバリexclamationデュース クーペですが、今日は 僕がこの『グラフィティーデュース』オーナーで有った、6年間を振り返った感想も書いてみる事にしますわーい(嬉しい顔)

とにかく、素晴らしい車でしたexclamation×2

思いっきりアクセルを踏んだ瞬間など、飛んで行ってしまうんじゃないか?とさえ思える加速や、吸気音 排気音!!

購入直後、この車はあまりに有名だった為に、クルージンにも取り上げられましたわーい(嬉しい顔)
当然、その時も僕はスカジャンを着ていますexclamation×2
IMG_0001.jpg

僕はこの車を初めて見たのは、15歳の頃でアメリカングラフィティーが、KBS京都で再放送されたのを見たのが初めてです。

この件は、何度か記事にも書いていますので、皆さんもご存知かと思います。

この瞬間から、絶対にデュースクーペに乗るんだ!と、心に誓いましたわーい(嬉しい顔)

当時、今の様に情報は無く、一体幾らぐらいする車なんだろうか?
改造車だから、多分 50'sのコルベットのレストア車(当時高くても600万程だったと記憶しています)より安いだろう..と、勝手な想像をしていましたわーい(嬉しい顔)

そして、五年後...

創刊間もないキャルマガジン11号に、何と!全く同じ車が掲載されていましたexclamation×2
まず驚いたのは、こんな車を日本で売っている所が有るんだなぁ...ということです。

HP3IMG_small.jpg

その後、18号の巻頭を飾ります!
(今も所有している事は間違え無いのですが、見つかりませんでした...たらーっ(汗)

何処で売っているか?さえ判れば、手に入れるのにはそんなに時間はかからないだろう...と、一安心したのですが...

プライスは何と、1200万円あせあせ(飛び散る汗)exclamation×2

嗚呼...フェラーリ買える値段や...
でも、俺は絶対にこの黄色い車に乗ってやる!と、それから毎日 デュースクーペの事を考えながら仕事に打ち込む日々が続く事になります...それも12年

当然、車だけが僕の趣味ではないので、スカジャンは絶えず集めていましたけどね!わーい(嬉しい顔)
スカジャン買わなくちゃいけなかったので、これだけ時間がかかったのでしょうわーい(嬉しい顔)

二十代ではそんな高額な車を買う事は出来ず 結局は32歳(デュースです)になるまで買えませんでした...わーい(嬉しい顔)

その頃、職人としても、やっと一人前に給料がもらえる様になり、最初は趣味で始めた古着屋も、支店を持つまでになっていましたわーい(嬉しい顔)

既にその頃ともなると、世の中では色んなHOT RODも制作されていたり、もっと安い車両もちらほらと..情報も容易に手に入れられる時代になってはいましたが、遂に電話をする事にしたのです..

これが、デュースファクトリーの、笠井さんとの出会いですわーい(嬉しい顔)

その十二年間、僕は冷やかしで電話したりした事は一度も無かったので、笠井さんに十二年間の思いを伝えたのでした...わーい(嬉しい顔)

『じゃぁ、一度 見においで』
(日本にもストリートロッダーが、少なからず馴染み初めていますが、笠井さんを差し置いて、日本のストリートロッドを語る事は出来ませんexclamation×2

二十歳の頃、夢にまで見た車を、やっと見る事が出来る!
そして遂にexclamation憧れのデュースを、見たと同時に買う事にしましたわーい(嬉しい顔)

詳しくお話すると、実は予算が足らず『一年後に未だ有れば、僕が買います!』と言い残して帰るのですが、結局は半年でお金は用意出来ましたわーい(嬉しい顔)

もう、デュースへたどり着くまでの時間が、あまりに長かったせいで、これだけかたるには、文章だけではどうしようも有りませんわーい(嬉しい顔)

さて、このデュース...
僕は売却してしまうのですが、次もデュースと決めていますexclamation×2

決して、所有する事が、良い事ばかりでもない事も有るし、想像を遥かに超える!エキサイティングな瞬間も体感させてくれますわーい(嬉しい顔)

何故デュースなのか?は、こればかりは実際に所有してみない事には、何も判らないでしょう...

一旦所有すれば、手放す時が来ても、必ずデュースが欲しくなるんだという事を、今回初めて気付きましたがく〜(落胆した顔)

僕はしばらくブランクをおく事になりそうですが、来月 L.A. Roadster Showが有るので、笠井さん達と見て来たいと思っています手(チョキ)

次の相棒を捜しに...

狙うは、オリジナル '32 ロードスターボディーどんっ(衝撃)exclamation×2

現在では、スチールのレプリカボディーが、容易に手に入れられる事も有り、オリジナルのロードスターボディーを使ったロッダーは、10台に1台有るか?無いか?のレアな車なのですexclamation×2

グラフィティーを所有していたこの6年間で、僕もロッダーとしての経験を積んだ今、次は自分好みのデュースに仕上げるのが夢です。

究極のさらに究極を目指して、趣味も頑張って行きたいと思っています手(チョキ)わーい(嬉しい顔)
posted by Hayabusa at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

僕の休日...

皆様、お疲れさまです...

今日から僕は、連休を頂いておりますので、デュースでクルーズを楽しむ事にしましたわーい(嬉しい顔)

車検が切れているので、継続検査のついでにデュースファクトリーさんに行きますexclamation×2

今から...あせあせ(飛び散る汗)

午前0時頃に自宅を出発する予定ですので、朝には到着できるかな?と考えていますわーい(嬉しい顔)

途中、写真を撮って見たいと思いますので、今夜の出来事は後日 Blogでお知らせ致しますねexclamation&question


何故、デュースファクトリーに行くかって言うと、次のオーナーさんが決まりましたので、最後はデュースファクトリーさんでメインテナンスして、笠井さんに挨拶をしたいと思ったからですたらーっ(汗)

何故 売った?っと言う質問が予想されていますので、予めここでお答えしておきますと、次のデュースを作るexclamation×2事を決心したからです手(チョキ)わーい(嬉しい顔)

近年、仕事が忙しい事を理由に、いっその事デュースに乗る事を辞めてしまおうか...と思った事も有りましたが、そんな事言ってたら 僕が僕で無くなってしまいそうな気がして来ました...
ので、次はロードスターを思いっきりトラディショナルなスタイルで、ヴィンテージ着てぶっ飛ばしたいと思っていますわーい(嬉しい顔)

ベースをアメリカで捜す所から始めようか?とか、ディアボーンデュースや、ロッドボッズのスティールボディーを使って、奇麗に仕上げたら?とか、今から妄想は膨らんでいますわーい(嬉しい顔)

連休明けから、もう一度、初心に返ったつもりで、仕事もバリバリ頑張るとしますので、HPのアップデートは、もうしばらくお待ち下さいあせあせ(飛び散る汗)


連休中にお越し下さった方に、『出村さんはスカジャン持っていないのですか?』とのご質問を頂いた際、僕は 話をはぐらかしましたが、近日中に一張羅を着てBlogに登場する事にしましたので、よろしくメカドックexclamationですわーい(嬉しい顔)
僕がスカジャンを、持っていない訳が無いでしょう(ニヤリ...

至宝の一着をご覧に入れて差し上げたいと思いますわーい(嬉しい顔) 俺のは凄いぞ?
(但し、公開してしまったら、ご希望のコレクター様がいらっしゃれば、僕は喜んでお譲り致しますexclamation×2 これがプロのディーラーの宿命です...たらーっ(汗)



でわ、行って来ますダッシュ(走り出すさま)exclamation×2
posted by Hayabusa at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする