最近の記事

2018年10月13日

芸術の秋〜スカジャンの想い出

皆さんこんにちは!

綿無しのスカジャンが丁度よい季節になりましたね!
昨日は親戚の叔父さま 叔母様が富山に尋ねて来てくれたので、富山をご案内しておりました。
IMG_3450.jpg
30年ほど昔、親戚の叔母様達は破れたヴィンテージスカジャンを着て法事に参加していた僕を見て、『この子の将来は大丈夫だろうか』と心配だったそうです...笑
ネクタイを締めなくても、スカジャンを名刺代わりにしている僕を見て、今はどんな感想を持たれたのか?聞くのを忘れましたので、次回お会いした時に聞いてみたいと思います...😃

富山市ガラス美術館に行って来ました。
今回はあまり時間がなかったので、日を改めてじっくり見に行きたいと思います。
IMG_3441.jpg

掲載するかどうか悩みましたが、笑って頂ければ幸いです。
IMG_7296 3 のコピー.jpg
約30年前、1948年創業 京都の老舗の喫茶店、ソワレの前にて。 
ソワレさんは今も全く同じ外観で営んでいらっしゃいます。 
Hayabusaは少年からおっさんになりましたが、今も変わらずスカジャンを着ております。

これでもかなり大人しくなった頃のHayabusa少年でございます...m(_ _)m
ホンマに破れたスカジャン着てました...😃 
まだまだ眼つきは危ないHayabusa少年でございます...m(_ _)m

左が上の画像の叔母様、昔からオシャレです! そして時代はバブル絶頂期でございます...遠い目
80年代後半〜90年頃、インターネットもない時代、鹿のヴィンテージスカジャンなんて京都最強でした。
だがしかし!ほとんど誰にも解らない、伝わらない世界ですけど...😃

たしかこの日、叔父様はお酒を飲んでどこかへ行ってしまって親戚中が心配していた記憶があります。
右のアメリカ人(従兄弟の旦那さん)、二番目の従兄弟の詳細は長くなるので今日は割愛しますが、不良の甥っ子、プレイボーイの旦那と、かなりアーティスティックな家族構成で、数少ないまともな神経をお持ちの叔母様は大変だったと思います。

人に何と思われようと、誰になんと言われようと、30年やり続けたら本当に正装になっちゃった...😃
今も昔もスカジャンは僕の正装なのでございます。

See ya!

各種お問い合わせは下の画像をクリック 
メールは48H以内に必ずご返信させて頂きます
BST.jpg
e-mail info@sukajan.jp
電話 076-407-1234 平日 土曜 9:00 - 17:00まで
日祝日、時間外の電話はお控えください。 
Hayabusa Kat Klother 出村 淳也
posted by Hayabusa at 16:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

Quarter century

皆さんこんにちは!

明日から13日の午前まで来客が続きます。

しばらくblogやweb web storeを更新する時間が取れそうにありませんので、日中のお問い合わせはなるべくメールでお願い致します。

16日までは通販には対応させて頂きますので、ご遠慮なさらずご注文ください。

お承り致します...m(_ _)m

今日はインスタのrepost画像から。
下で説明しますけど、凄いスリーショットだよ!
#Repost @daveshuten ・・・My heroes ・・・#stanleymouse #robertwilliams #artroyalty #artist #petersenmuseum #mouse
センターは2016年 MOONEYS HOT ROD CUSTOM SHOWのメインゲストカー、ED RothのORBITRONをレストアしたビルダーDaveさん。
左 : Robert Williams 右 : Stanley Mouse

これがORBITRONね! 画像クリックで引用元へ飛びます
051.jpg

フランコの画像をrepost
My heroes!✨#vonfranco #robertwilliams #lowbrow #lowbrowart#rothstudios #legends
左はフランコの奥さん センター Robert Williams 左はフランコ先輩
上の二枚のツーショット写真は、先々週末にPetersen Automotive Museumで開催されたレセプションパーティーの様子。

フランコ先輩から見て、ロバートウィリアムスさんは、Rothスタジオでの大先輩にあたる方で、フランコ先輩もロバートさんと話すとき、いつもやや緊張した様子です😃

ORBITRONの画像を検索してたらMOONEYESさんのサイトに行き着いた訳ですが、サイトないでのShigeさんが着用しているMQQNジャケットは私が監修して4着だけサンプルを作らせて頂いた内の一着です! 画像クリックで引用元へ飛びます
Pasted Graphic.tiff

Hayabusaが監修したり作るものは大量生産出来ない物ばかりですが、名だたるそのスジのヒーロー達が愛用してくれている事は誇りに思っています。

Hayabusa特製スカジャン第五弾については昨年の秋から着手しており、ほぼ一年経ちますが、まだ納得のいく物が仕上がりません...。

このままでは早くても来年のインスピレーションでデビューさせる事になりそうですが、日本の顧客様へ最初にご紹介したい思いで頑張っております!

年末を目処に公開出来るかも!?

久しぶりにKenKen Finkも新デザインが出来ていますので、売り切れサイズの追加と共に、11月上旬頃一斉に発売スタート出来る様に準備中です!

今月は10月16日〜26日までアメリカに行って来ますので、16日の午後〜26日の早朝まで電話でのお問い合わせには対応出来ません事、ご了承下さい。

26日の午後からは平常営業に戻れると思います。

今回もアート関係を中心としますが、ヴィンテージも良い物があれば積極的に買い付けてくるつもりです。

web storeに沢山掲載していますので、その中でじっくり吟味して頂く方が良いと思います。

実はこのBlog、朝一番から打ち込んでいるのですが、制作中のスカジャンの詳細なディティール指示や、プリントの指示をしてたらこんな時間になってしまいました...😃

今日僕が書きたかった事は、また日を改めて綴ってみたいと思います。

簡単に予告しておきますと、1993年に開催された伝説のアートショー "KUSTOM KULTURE"から今年で25周年。

アメリカのPetersen automotive museumでは今、25周年を記念してロバート ウィリアムス マウス ヴォン フランコ他大勢の作品が展示されています。

そのレセプションパーティーの様子をインスタから拾って来た訳です。

彼ら三人の作品は、ミュージアムに展示される事で、これから本格的なアートして評価されて行く事になります。

日本で唯一、彼ら三人のオリジナル絵画を展示販売しているのがHayabusaです!

出せば光の速さで買い手が付くと思います。

帰国一部を売りに出しますので、コレクター様お楽しみに!

今回の買い付けもエグい内容になると思います。

しょうもない物買って資産減らすより、少々お高くても本当に良いもの買って長く楽しみましょう!

では13日の午後、また何か書いてみたいと思います。

See ya!

各種お問い合わせは下の画像をクリック 
メールは48H以内に必ずご返信させて頂きます
BST.jpg
e-mail info@sukajan.jp
電話 076-407-1234 平日 土曜 9:00 - 17:00まで
日祝日、時間外の電話はお控えください。 
Hayabusa Kat Klother 出村 淳也










posted by Hayabusa at 16:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

The Real Thing...

皆さんこんにちは!

三連休、皆さんいかがお過ごしになられましたか?

台風が心配されていましたが直撃する事なく、全国的にお天気も穏やかで良い連休でしたね!

昨日インスタグラムを見ておりましたら、ピーターセンミュージアムで来週末開催されるイベントのプレパーティーの様子がアップされていたのを見つけました。
IMG_E3363.jpg
メインゲストのロバートウィリアムスさんが、Hayabusaのスカジャンを着てたので思わずスクショしたので掲載しておきます。

スカジャンを"よそいき"にして頂いているのが判ります。

胸熱でございます...(遠い目) もう、茶化し一切なしで泣きそうです。

Hayabusaのスカジャンを着てるって事以前に、セミフォーマルな場所にメインゲストが日本製のスカジャンを着用しているという事に大きな意味を感じております。

最も注目される場所で着用する装いに、メインゲストがスカジャンを選んだという事なのです。

違いの分かる大人の集まるミュージアムのパーティーです。

スカジャンを見て、もう誰も『なんだあの格好は!』などと言わないでしょう。

だって、メインゲストが着ているのですから...。

一言で表現するなら、本物しか選ばれない。

生涯絵画を通して表現し続け”何者かになった男”と、スカジャンを通してでしか表現出来ない男の合作でもあります。

この滲み出た格好良さこそがスタイルなんです。

ファッションは金を出せば直ぐに買う事が出来ますが、スタイルはいくらお金を持っていたとしても簡単に得る事は出来ない。

これがファッションとスタイルの違いなんだよ。

渡米のタイミングが合わず、僕は来週末のパーティーには参加出来ないけど、今夜は祝杯を上げよう!

余談になるが、先々週のイベントではロバートさん、マウス、フランコの三者がミュージアムに招かれたそうだ。

マウス...
IMG_E3367.jpg

フランコ...

IMG_E3368.jpg

彼ら全員がHayabusaのスカジャンを愛用してくれているって事は、バックヤードを読んでくれている人達だけが知ってくれていたら僕は十分です。

ずっと夢見てたんだ。

何者かが僕の作ったスカジャンを着てスポットライトを浴びている姿を。

30年前の僕がスカジャンにこんな将来が待っているって事を知ったなら、きっと腰を抜かして驚くだろうなぁ...

48歳の俺が、もし18歳の俺に会う事が出来たなら、『そのスカジャンはお前が作ったんだぞ』って教えてやりたいな。

人生って楽しいなぁ。

各種お問い合わせは下の画像をクリック 
メールは48H以内に必ずご返信させて頂きます
BST.jpg
e-mail info@sukajan.jp
電話 076-407-1234 平日 土曜 9:00 - 17:00まで
日祝日、時間外の電話はお控えください。 
Hayabusa Kat Klother 出村 淳也
posted by Hayabusa at 16:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月06日

使用価値と交換価値 後編

皆さんおはようございます。

昨日に引き続きまして、今日は使用価値についてお話しします。

着用出来る衣類の使用価値に何を求めているか?を考えると、先ずはギア(装備)としての性能でしょう。

寒さを凌いだり、怪我を防いだり、根本的な使用価値は装備としての性能となります。

着心地が良いとか、カッコ良いとかは付加価値です。

使用価値の高さを競っている売り場といえば、家電量販店がわかりやすいと思います。

この冷蔵庫は電気代が安いですよ! 沢山入りますよ! このエアコンは...と、性能を謳い文句に日々商いが行われています。

これがいわゆるコモディティー(商品)と呼ばれるもので、ガソリン、小麦、米、トウモロコシなどの穀物や、電化製品など、どこで購入しても同じ物の事です。

同じ性能のものだったら安い方が良いので当たり前ですから、この手の生活必需品に言えるコモディティーの特徴は、売り出す時に安さを求められてしまい、その価値は等価の貨幣で交換(購入)した瞬間から目減りし始めます。

購入しなくても、性能は日々向上していますので、今日の新型の冷蔵庫は、半年先には確実に旧式となって値段は下がっているでしょう。

同じ値段を出せば、確実に性能の高い製品が買える筈です。

住宅もそうです。

新築の家を購入したとします。 鍵を貰って引き渡された瞬間、その家の価値は20%下がります。

3000万円の家なら、鍵を貰って引き渡された瞬間から2400万円の中古住宅です。

嘘みたいですけど、これ本当の話です。

家も使用価値が高い物の一つです。 衣食住に直接関わっていますので、使用価値の高い生活必需品と言えます。

使用価値が上がれば上がるほど、購入した瞬間からの値下がり率は高くなります。

スウェットに話を戻しましょう。

ヴィンテージコレクションも極限まで行ってしまうと、一着に数百万円など珍しい話ではなく、スウェット一枚に数百万などがあり得る世界なのです(ほとんどの方は知らない世界かもしれませんが..笑)

ヴィンテージスウェットには、まだ、ほんの少しですが使用価値が認められます。

ギア(装備)としての性能は著しく低いですが、かろうじて残っています。

この僅かに残ったギアとしての性能が、相場の上昇に蓋をしている最大の原因なのだとお気づきのコレクターは殆どいらっしゃらないでしょう。

お客様が着用する事も考慮されるので、我々販売業者も実寸サイズ表記をお知らせしています。

実際、着用出来る範囲のサイズの方が高額になりますし、着用出来なければ安くなってしまいますよね?

着用する事、すなわちギヤとしての性能をヴィンテージに求めてしまう事で、僅かに洋服としての使用価値に足を引っ張られているのです。
でも実際、殆どの場合着用されずにオーナーを代えて行くのです。

オーナーを代えると書きましたが、転売されると同じ意味です。

経済をよく知らない人の中には、転売=悪い事、お金=汚いものと考える傾向があるので、あえてそう書きましたが、実際にはショップでコレクターが購入したものを友人に売る事も転売なのです。

強いて言うなら、その転売で利益が発生したかどうか?だけだと思います。 これは余談ですが。

着用されない場合が殆どである事実を理解してしまいますと、また違った景色がそこには広がっているのであります。

それがコレクターとしての達観と言えるのかもしれません。

話も大詰めとなって来ました。

先ほどから使用価値が著しく低いヴィンテージスウェットのスペシャルを例に話していますが、使用価値が低くなれば、いずれどこかで交換価値が生じ、使用価値が下がれば下がるほど交換価値が上昇していく事を理解する事になります。

コレクションは収集から始まり、調査、分類、比較、淘汰の繰り返しです。

AよりもBの方が良い。 Bと比べてC方が美しい。 いやいや、CよりDの方が希少価値がある! DよりEの方が状態が良いぞ! 

たった1行で説明出来る単純なディールの流れだとしても、AとEとでは数十倍の価値の差がある事は珍しくありません。

Eが最も交換価値が高く、E一個でAを交換する事は容易でしょう。

逆に、Aを10個とEを交換して欲しいとお願いしても、きっとEの所有者は交渉に乗って来ないでしょう。

リバースウィーブ1000枚と両Vツートーンをトレードして欲しいとお願いされてもお断りします。

逆ならどうですか? リバースウィーブ1000枚集める方が楽でしょ...笑

実際の市場では、アルファベットのA〜Z以上の価値観でグレーディングされているので、プライスの差はA〜Zでヴィンテージクロージングでも数万倍になると思います。

ブックオフで2円で買い取られたスウェットと比較した場合、数百万円で取引されるHayabusaスウェット。

その差、数百万倍です。 

利用価値に大差は無いはずです。

ただし、交換価値は全く違ってきます!

交換価値はヴィンテージの市場においての通貨と同じ意味を持ちますので、Eなら殆どの物と交換(トレード)出来る確率が高くなるのです。

トランプで例えるなら、何にでも成れるジョーカーのカードの様な物です。

この交換価値にこそ、ヴィンテージの資産価値の本質なのです!

使用価値が低くなればなるほど、交換価値が高くなるとおいうパラドックスを含め、コモディティー(一般の商品)は古くなればなるほど減価償却され値段が下がり、ヴィンテージやアートは時間の経過と共に値段が上がっていくという逆の特性も持っているのです。

そういう本質にキャッシュコレクター(お金持ち)は気付いるので、ヴィンテージのトップピースや、アートに大金をつぎ込んでも、最後は意図としなくても投資になっている事があるのです。

将来の交換価値を考えると、高価であっても良いものを買って置きましょう!と私は顧客様にアドバイスさせ頂くのです。

話は変わりますが、ディールとセールは異なった取引方法です。

例えば、100万円のスウェットを100万円で買うお金がないけど、バイクと時計と50万円の現金でどうでしょう?

こういう話がディールで、資本主義の概念はコレクションと同じ概念で働いでいるのです。

アートやヴィンテージの交換価値とは、一般の貨幣価値に換算するととんでもない値段になる理由を、これで少しはご理解頂けたかと思います。

だからバスキアの絵画に百数十億円投じるキャッシュコレクターが居ても、そのディールは何も驚く事でもないのです。

バスキアの絵を見ていても空腹は満たせませんし、寒さをしのいだり出来ません...なのにです!

上場された株を八百屋に持っていっても野菜は買えない(交換してもらえない)ですが、証券会社というプラットフォームで現金化すれば野菜は買える。

Hayabusaは、こうした特殊なアイテムのプラットフォームの役割を果たしています。

Hayabusaに百虎を持って来れば、最低でも百万円のお買い物をして頂けるでしょう。

通貨と両替して欲しいと言えば買い取りますし、その交換レートはどこよりも良いと約束できます。

これが特殊な交換価値の正体なのです。

今まで買うチャンスすらなかった幻のスウェットコレクションや、プリントスカジャンを、可視化された数字(値段)を見比べて購入出来るチャンスなのです!

数字の正体、つまり交換価値が理解できたら、資本を投じても怖くなくなるでしょう。

数字に見合うだけのディールを組み立てれば良いのですから。

ハーレーでも、ホットロッドでも、Hayabusaが面白いと思えるものだったら、何でもお下取りの足しにさせて頂きます!

最後に余談になりますが...。

もし、コレクター同士の個人売買だけで取引を成り立たせようとしたら、目先は安く買えると思います。

それは私も含めてコレクターには嬉しい事ではあるのですが、その市場はただの中古市場から何も成長していかないでしょう...。

安く買える代わりに、必ず買値以下でしか売れないコモディティー化してしまうという事です。

Hayabusaがアートギャラリーとして存続している理由をご理解頂けたかと思います。

中古よりヴィンテージ、ヴィンテージよりアート、同じマーケットでも取引する際のルール(マナーといったほうが正確かも)も格も違うのです。

又チャンスがあれば、何をもってマナーや格が違うのか?を書いてみたいと思います。

昨日に引き続き、ご清聴ありがとうございました。

49000円 +taxにてweb storeで販売中

hayabusa_kk インスタより引用 
30’s Ball Chain Talon Zip pocket Sweat Shirt. DEL MAR MADE IN CALIFORNIA 49000 YEN +taxお手頃でいいんじゃない?Web storeよりご注文下さい#vintagesweatshirt #ヴィンテージクロージング #ヴィンテージスウェットシャツ #vintagesweat #vintageclothing #talon #ballchainzipper #ボールチェーンジッパー

各種お問い合わせは下の画像をクリック 
メールは48H以内に必ずご返信させて頂きます
BST.jpg
e-mail info@sukajan.jp
電話 076-407-1234 平日 土曜 9:00 - 17:00まで
日祝日、時間外の電話はお控えください。 
Hayabusa Kat Klother 出村 淳也
posted by Hayabusa at 09:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

使用価値と交換価値 前編

皆さんおはようございます。

日に日に秋らしくなって来ましたね!

Hayabusaは芸術の秋でございます。

この一年、ショールームへお越しのお客様の殆どがアート関係をお求めになられております。

商品の方も日を追う毎に充実して来ており、今ではヴィンテージクロージングを凌ぐ程のストックをご用意してお待ちしております。

業務形態が少しずつ変わっておりますので、ヴィンテージのご紹介に時間がかかってしまっておりましたが、ようやく昨日で全てのスウェットコレクションを掲載させて頂く事ができました。

ちょうど先日、ヴィンテージスウェットシャツって本が発売になりましたので、Hayabusa web storeでご紹介しているスウェットとお見比べ下さいませ。

今まで価格応談や、非売品だったものをアンダーザテーブルで取引されたトップクラスのスウェットを、一気に値段を付けて売り出しました。

まさに幻の逸品達でございます!

今後、この様なラインナップでご紹介出来る機会はあるとは思えませんので、どうぞお見逃しなく!

ベストを尽くしたラインナップでございます。

吟味してお選び頂いてもよし、全部買い占められるもよしです。

*クリックでインスタに飛びます=3 この説明要らないよね...😃

インスタ画像のコメントの続きを書きます。

価値というものにも色々な概念があり、今日はその内の二つについてのお話です。

使用価値と交換価値です。

使用価値とはスウェットで例えますと『着用できる』事が該当します。

交換価値が何かと申しますと、『トレードに用いる事が出来る』。

つまり、ある特定のマーケットでは通貨と同じ意味を持ちます。

話を続ける前に、交換価値の概念とはなにか? を詳しく知って頂く必要がございます。

諭吉さんは皆が価値があると信じているので一万円の価値として、一万円の物やサービスと交換出来ますが、物としての利用価値はほとんどありません。

メモするにしてもプリントが邪魔で書きにくい、読みにくい。 鼻をかむにも硬い。 お腹が空いても食べられない。

使用価値としてはほぼ0だと思いませんか?

原価としての価値を見てみましても、たった22円です。

22円で作れるものを、我々は454倍の価値があると信じているだけなのです。

交換価値としてなら一万円札1枚あれば美味しいステーキでもお寿司でも提供してくれるお店さえあれば、お腹いっぱい食べられる事でしょう。

少し話は逸れますが、ヴィンテージやアートなど、時価で取引される物には必ず相場があります。

相場は生きているかの様に流動的で、時と場合によって価値が変わります。

お金も実は相場で動いています。 今日の$ YEN為替レートは1ドル=113.88円

丁度7年前の2011年10月1日だと1ドル=79.53円

7年で3割以上も円の価値がドルに対して目減りしています。

世界的な通貨を相対的に見るともっと複雑な相場が絡んで来ますが、今日の話には関係がないので話を価値の概念に戻します。

つまり、お金には交換価値があるから自分の限りある時間を消費してでもお金を稼ぐのです。

仕事をしてお金を稼ぐというのは、お金をコレクションするという事で、つまりお金持ちはキャッシュのビッグコレクターだと考えられるのです...😃

お金とは、利用価値がなく、安定した様に見える交換価値がある。

マーケットにおけるキャッシュコレクターは、つまり好きなものやサービスと交換出来るプレイヤーの一人なのです。

明日は使用価値についてお話しします。

今日はここまで! ご清聴ありがとうございました。

続きは明日の午前9:00に読める様にタイマーセットしておきますので、楽しみにお待ち下さい。

To be continued...

各種お問い合わせは下の画像をクリック 
メールは48H以内に必ずご返信させて頂きます
BST.jpg
e-mail info@sukajan.jp
電話 076-407-1234 平日9:00 - 17:00まで
日祝日、時間外の電話はお控えください。 
Hayabusa Kat Klother 出村 淳也
posted by Hayabusa at 15:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

コットン製スウェット掲載しました!

皆さんこんにちは!

週明けから出張してたりと、なかなか掲載する暇がなくてスミマセン...m(_ _)m

本日、コットン製スウェットのスペシャルを2点掲載しておきましたので、どうぞご覧くださいませ。

こんなスペシャルが三つも並んで選んで買えるチャンスはもう二度とないと思います!

今まで30年古着屋に通ってますが、一昔二昔前でも在り得ない光景です...😃

どうぞコレクションを成し遂げて下さい!

画像クリックでHayabusa web store へジャンプします=3
スクリーンショット 2018-10-04 15.58.38.png

各種お問い合わせは下の画像をクリック 
メールは48H以内に必ずご返信させて頂きます
BST.jpg
e-mail info@sukajan.jp
電話 076-407-1234 平日9:00 - 17:00まで
日祝日、時間外の電話はお控えください。 
Hayabusa Kat Klother 出村 淳也
posted by Hayabusa at 16:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

断捨離セール Part3

皆さんこんばんは!

今日はアポが入っておりましたので、合間を縫って断捨離セールをインスタにアップしておきました〜!

好評なのでしばらく続けてみたいと思います。

今日は50's Two-Tone Riders JKT 売り切れ、とC-1 Vest 1万円ジャスト 送料サービスの2点です。

ご注文はメールにてお申し付け下さい。 

営業時間内でしたらお電話でも対応させて頂きます。
Hayabusa断捨離セール‼️40’s C-1 VestCondition : Very good Size : Free消費税無し 全国送料無料1万円ジャスト‼️お振込のみDM不可 お取り置き不可早い者勝ちです😊e-mailでお申し付け下さい#Hayabusa断捨離セール#ヴィンテージ #ミリタリー#C-1vest

各種お問い合わせは下の画像をクリック 
メールは48H以内に必ずご返信させて頂きます
BST.jpg
e-mail info@sukajan.jp
電話 076-407-1234 平日9:00 - 17:00まで
日祝日、時間外の電話はお控えください。 
Hayabusa Kat Klother 出村 淳也
posted by Hayabusa at 17:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする